ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

色々な患者さんを見ているうちに、
「病気になる前の予防が重要だな。」などとつくづく感じ、
「保健師の資格をとりたい!」と考えるようになった人も多いと思います。

 

保健師になるためには、国家試験に合格することが必要です。

 

保健師になるための国家資格の受験資格は、
「文部科学大臣の指定した学校において
一年以上保健師になるために必要な学科を修めたもの」
であるか、
「厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業したもの」
となっています。

 

看護師資格を既に持っている人たちにとっては、
指定の学校に一年間通うか、大学に編入して2年通い、
国家試験を受けるというのが基本コースです。

専攻科・専門学校、或いは大学編入

保健師の国家資格の受験資格を得る際には、
短期大学の専攻科、或いは専門学校に一年間通うか、
4年制大学の3年次に編入して2年学ぶかのどちらかの方法を選びます。

 

<短期大学の専攻科、或いは専門学校>

 

一年間という短期間で受験資格を得ることができます。

 

社会人になってから学生に戻るのは、大変な選択になります。
ですから、なるべく短い期間の方が良いと考える人が多いです。

 

一年間であれば、当然、学費も安いので、メリットが高いです。

4年制大学の3年次に編入>

大学編入すれば、「大学卒」というブランドが最大のメリットになります。

 

保健師は、看護師に比べて採用枠が少ないのですが、
履歴書に「大学卒」とかくことができる強みは大きなものがあります。

 

2年間かけて学ぶことで、大学のほうがより多くのカリキュラムをこなすことができますし、
興味のあることを選び、じっくり学びたいという人にも向いています。

 

国家試験の受験までに2年間あるということが心のゆとりにもなります。

 

2年という長さをマイナスに捉えるか、ありがたいと捉えるかは、
その人次第です。

保健師の学校で学ぶこと

保健師の学校では、保健師の仕事内容に沿ったカリキュラムが用意されています。

 

具体的な内容としては、地域看護学(ケアシステムや保健指導、家族援助、学校保健など)、
疫学、保健統計学、保健福祉行政論などです。

 

訪問指導や保健所などでの実習もあります。

保健師試験の合格率

保健師試験の合格率は(2013年2月実施)、96%です。