ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

保健所への転職

保健所では、治療よりも予防が大切な仕事となります。
保健所の看護師は、地域住民の健康作りをサポートしていきます。

 

地域住民の公衆衛生を支える保健所は、
都道府県や政令指定都市、中核都市、特別区などに設置されています。
病院との違いは、病院は病気になった人を治療するのがメインなのに対し、
保健所は病気に成らないよう予防することがメインになります。

 

保健所で働くには、保健師資格が必要では?と思う人も多いですが、
そうとも限りません。
保健所では、保健師、看護師の両方を募集していることが多いです。

 

具体的な仕事内容は、窓口や電話での健康相談、保健指導、
検診業務、予防接種、高齢者の介護予防教室、乳幼児や妊産婦の健康診断などです。

 

看護師がどこまでカバーするかは、保健所によって異なります。

 

都道府県や市区町村などが運営母体である保健所は、
職員を公務員待遇にしていますから、
給料も福利厚生も比較的手厚いという魅力があります。

保育園や幼稚園への転職

子供が好きな人なら、保育園や幼稚園への転職も考えてみてはいかがでしょうか。

 

保育園や幼稚園での看護師の仕事は、
具合の悪い子供たちのケアや応急処置がメインになります。

 

そのほかの仕事としては、保育園や幼稚園によって様々で、
食事の介助や保健指導、健康に関するレター作成など、
看護業務以外の仕事を行う事も多いです。

 

保育園や幼稚園は医療機関ではないので、
看護師としてできることは限られます。
ですが、夜勤も休日日勤も無いので、
子育て中の人や、子供が好きな人にとっては働きやすい職場であるといえます。