ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

介護施設への転職

介護施設の看護師は、処置よりもケアが中心になります。
入居者の生活を医療面から支えるのが看護師の仕事です。

 

介護施設は、治療をする場である病院とは違い、高齢者が生活をする場所です。

 

介護施設の看護師の役割は、医療面から入居者の生活を守ることです。
ですから、看護師が求められる役割も、病院の看護師とは異なります。

 

病院に比べると日常の処置は少なく、健康管理が中心になるので、
利用者と会話をしながら状態を探ったり、
QOL(幸福感)を得るためのサポートを考える事も重要な仕事になります。

 

ですが、高齢者に急変はつきものです。
いざという時には、看護師がリーダーシップをとり、
判断をして、医師への連絡を含めた対応をします。

 

看護師が少人数であるというのも病院と異なる点です。

 

病院の中では最も看護師の人数が多いですが、
介護施設では、介護職が大人数で、施設長も介護職であることが多いです。

 

介護職中心の職場なので、看護師としての専門性を生かしながら、
同僚とうまくコミュニケーションをとっていくことが大切です。

訪問看護ステーションへの転職

訪問看護ステーションの看護師は、生活の場で、
介護サービス利用者の「その人らしく」を支援します。
そして、在宅医療のキーパーソンとなります。

 

「病院から在宅へ」という国の方針もあり、在宅医療が広がっています。
在宅医療の利用者も増える中、重要なのが訪問看護師の存在です。

 

訪問診療を行う医師も必要ですが、
病院と同様に在宅で最も長い間患者さんと接するのは看護師です。
患者さんのもとに伺い、ケアを行う訪問看護師がいなければ在宅医療は成り立ちません。

 

ですが、訪問看護の看護師は、一人で患者さんの自宅を訪問し、
一人で判断して一人で処置をします。
ですから、経験豊富で、看護力に相当な自信がなければ難しいのでは?
と敬遠されてしまいがちです。
そのため、訪問看護師の成り手が少なく、訪問看護師が不足している現状があります。

 

しかし、一人で訪問するのが基本ですが、
判断に迷う場合は、訪問看護師仲間に相談することが出来ますし、
懸念事項があれば主治医に報告するということが基本です。

 

新卒で、訪問看護をするというのは難しいかもしれません。
ですが夜勤もありませんし(オンコールはある)、子育てをしながらでも働きやすい環境です。

 

複数の患者さんを同時に担当する病棟では、
思うように個々の患者さんと接することができないとジレンマを感じていた人にとっては、
訪問看護の現場はまさに一対一での看護ができる場所になります。

 

病棟や外来の看護師としてはなかなか見ることができない、
その患者さんの家族構成や家族との環境、生活環境なども踏まえた上で、
その人らしい暮らしを支援する仕事が訪問看護師です。

 

とてもやりがいを感じることができる仕事だとおもいます。

 

現在は、なり手が少ないがゆえに、
一般の病棟勤務よりも時給を高くしたり、柔軟な勤務体制を認めるなど、
勤務条件を良くしている病院も多いです。