ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

精神病院へ転職

精神病院は、症状の裏にある原因を観察することがとても大切な仕事です。
自分自身を理解し、患者さんを理解することがとても大事で、
最もヒューマンスキル、コミュニケーション能力を必要とする職場ではないでしょうか。

 

そして、救急、急性期、慢性期で看護師の仕事は異なってきます。

 

精神科の中でも、救急や急性期を担う病院なのか、
慢性期の病院なのかによって、仕事も職場も雰囲気も随分違います。

 

超急性期である「精神科スーパー救急」の病院は、
救命救急センター並みの慌しさです。

 

一方で、慢性期の病院は、コミュニケーションが難しい患者さんからいかに真意を引き出し、
症状の裏にある問題を探るかというコミュニケーション能力、観察力、忍耐力が必要です。

 

また、精神科の患者さんは、入院期間の長い患者さんや、
くり返し入院する患者さんの割合が高いため、
長いスパンで患者さんと付き合うことができるという特徴があります。

 

長く精神を病んでいる患者さんが社会に復帰し、
自立するために、どのようなサポートや訓練が必要なのかを考えるなど、
医療や看護という枠にとらわれないサポート、発想が必要になることも多いです。

 

精神科は、暴れる患者さんも多いです。
ですから、男性の看護師が比較的多くいます。

 

給与面は、病院の設立母体や担っている機能によって様々です。
超急性期の精神科医療を担う病院「精神科スーパー救急」では、給料は高くなります。
ですが、その分、業務もハードです。