ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

療養型病院へ転職

療養型病院は、個々の患者さんとゆっくり向き合うことができ、
最期のときのお手伝いもできる病院です。

 

急性期病院で働いていたものの、少し疲れてしまって・・・
と、療養型の病院への転職を希望する看護師も増えています。
そのため、療養型の病院は、急性期の病院に比べると、
ベテランの看護師、結婚や出産を経た看護師が多いという特徴があります。

 

急性期の病院は、患者さんの回転が速いですが、
療養型病院の場合は、時間の流れもゆっくりで、
じっくり患者さんと向き合う時間を持ちやすくなります。
ですが、急性期病院の在院日数がどんどん短くなっている現在、
療養病床に入院する患者さんの中には、急性期に近い症状をもつ患者さんも増えています。

 

ゆっくり看護ができると思っていたのに、思いのほか大変だった・・・という事も少なくありません。

 

確かに、急性期に比べると患者さんの入れ替わりは穏やかです。
ですが、看取りに携わる事も多いのが療養型病院です。
最期のときをいかに過ごしてもらうかというお手伝いも、
療養型病院の看護の特徴です。

 

また、急性期の病院と比較すると、色々な処置をはじめ、
自分の看護技術を磨くという面では適しません。
ですが、高齢の患者さんが多い分、なかには認知機能が低下している患者さんもいます。
ですから、コミュニケーション能力をたかめないと対処できないシュチューションが多くなります。
急性期とは異なる点で、学ぶことができる事も多いです。

 

給与面は、大学病院や急性期の病院に比べると、少し下がる傾向にあるようです。