ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

一般病院へ転職

一般病院は、近隣住民の健康作りをお手伝いしたい!
地域に根付いた看護がしたい!という人におススメな職場です。

 

一般病院は、大学病院や地域医療支援病院など、地域の中核病院とは異なり、
急性期というよりは、超急性期を脱した患者さんを在宅につなぐ、
或いは大病院と地域の診療所との間に立つような病院です。

 

一般病床に加え、療養病床を持つケアミックスの病院も最近は多くなっています。

 

一般病院は、検診や人間ドック、生活習慣病の予防などをはじめ、
地域とのつながりに力を入れている病院も多く、地域に密着した職場となっています。

 

また、大学病院や地域の中核病院など、急性期病院に比べると平均在院日数も比較的緩やかで、
その分一人ひとりの患者さんに向き合う時間もとりやすくなります。
とはいっても、急性期の病院の在院日数が短縮しているので、
色々な合併症を持つ患者さんが増えていたりするなど、
「ゆっくり患者さんとかかわることができる」とはいいがたい状況がある病院も増えています。

 

特に地方の中小規模の病院では、看護師が不足しているところが多いため、
希望通りに休みをとることができなかったり、
ひとりひとりにかかる負担が大きいという声も多いです。

 

また、このような中小規模の病院では、大規模な病院に比べると給料が低くなりがちです。
給料の高さをとるか、仕事量や、オンとオフとのバランスをとるかなど、
転職先を考える時には、優先したい部分もよく考えるようにしましょう。