ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

地域の中核病院に転職

地域の中核病院は、どのような臨床現場でも戸惑わない
看護技術を磨くことができる職場です。

 

大学病院のような高度専門医療、三次救急ではなく、
二次救急をになう地域の中核病院では、
幅広く色々な患者さんが集まります。

 

採血や点滴をはじめとした手技や処置を、
看護師が行う事が多い中核病院では、
大学病院以上に業務が忙しいといわれがちですが、
それは捉え方によっては「鍛えられる!」と考える事もできます。

 

とにかく中核病院では、技術を磨くことができる場がたくさんありますから、
スキルアップしたい人にはおススメです。

 

中核病院では、色々な診療科で経験を積むことができますし、
診療科が多いんで、人間関係で悩んだとしても「異動」で解決する事も可能です。

 

待遇面は、民間の病院か、公立の病院化など、経営母体によっても異なります。
傾向としては、公立病院のほうが年功序列の色が濃く、
長く勤めれば勤めるほど、ほかよりも待遇が良くなるといわれています。

 

ただ、自治体病院の中にも、地方公営企業法を適用し、
給与体制の見直しを図るところが増えていますから、
今後は自治体病院とはいえど、「長く勤めさえすれば給料がどんどんあがる。」
ということにはならない場合が多くなるでしょう。

 

規模別では、大規模病院は中小規模の病院に比べると給与が高い傾向があります。
ただ、基本給は抑えられていて手当が高くなっていることが多く、
月額の給与がトータル的に高くなっている場合があります。
ボーナスや残業代が基本給をベースにして算出されることを考えると、
給与が高いとはいっても、どの部分が高いのかという視点で見ることが大切です。