ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

大学病院へ転職

大学病院は、教育体制が充実しています。
キャリアアップしたいと考えている人におススメです。

 

特定機能病院である大学病院には、
一般の病院では診られないような重症の患者さんや、
高度専門医療が必要な患者さん、難病など稀な病気の患者さんが集まっています。

 

ですから、色々な症例を経験することができますから、
知識の幅を広げたいという人にとって、得るものがとても多い職場です。

 

また、大学という教育機関であるため、教育制度もしっかりしています。

 

ただ、殆どの大学病院は、看護師の採用は年度ごとに行い、
4月採用のみというところが多いです。
採用のタイミングや方法を早めにチェックしておきましょう。

 

採用人数は100人単位と多く、一度に多くの人数が入職します。
そして、入職者は、新卒だけでなく、中途も含め、
新採用者研修やオリエンテーションが手厚い病院が多くあります。

 

ただ、経験3年目以内の若手看護師の割合が比較的多いので、
年齢や経験によっては、しばらくすると「教育する側」になることがもとめられることもあります。
人を育てるという技術も習得することができるとプラスにとる人、
人を育てるよりも自分自身が看護技術を高めたいという人など色々いますので、
自分がどんな看護師になりたいかも考えて、病院選びをしなければいけません。

 

多くの大学病院では、就職説明会、インターンシップなどが用意されています。
就職説明会やインターンシップでは、入職前に実際に働いている人たちの話を聞くことができたり、
職場の雰囲気を体験することができますから、
そういった制度を活用し、転職活動をしてみてください。

 

また、研修医などの若手医師も多いです。
注射や点滴などの手技をする機会が少ないという面もあり、
「役割分担が明確になる」とプラスにとる人と、
「技術が向上しにくい」と、マイナスにとる人がいます。

 

さらに、経験を積むことができるけれど、忙しいという声も良くききます。
急患や手術の患者さんが多いので、シフトどおりには業務を終え辛かったり、
勉強会や委員会、新薬に関する説明会など、看護業務以外の残業も多くあります。

 

ただし、給料や福利厚生面ではほかの病院に比べ恵まれていると言えるでしょう。