ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師のための健康保険

健康保険は、職場で加入しているので、退職をすると同時に、
自動的に資格を失います。

 

ですが、健康保険に入っていない状態のままではいけません。

 

日本では、「国民皆保険」ですから、
全ての国民は何らかの健康保険に加入しなければなりません。
また、保険に加入していなければ、
病気や怪我で病院を受診した場合に、全額自分で支払わなければいけなくなります。

 

自分のためにも、無保険期間がないようにしなければなりません。

 

退職したらすぐに、健康保険に加入するようにしましょう。

健康保険の選択肢は3つ

健康保険の選択肢は3つです。

 

(1) もともと加入していた健康保険を任意継続にする。
(2) 国民健康保険(国保)に加入する。
(3) 家族の健康保険の被扶養者になる。

 

このうち「健康保険の任意継続」とは、
退職した後も、そのまま今までの保険に加入し続けるという方法です。

 

任意継続が可能な場合は、加入していた期間が2ヶ月以上あること、
退職した翌日から20日以内に手続きを行うことという条件をクリアしている場合です。

 

そして、任意継続は、ほかの健康保険に加入するまでの「つなぎ」のようなものなので、
長くても2年までしか加入することができません。

任意継続と国保、どちらが安い?

任意継続、国保、健康保険の被扶養者で異なるのは、まず「保険料」デス。

 

もともとの健康保険を継続する「任意継続」の場合は、
保険料は全額自分で負担しなければなりません。
在職時は会社(病院)と自分で折半ですから、
支払は、在職時の2倍を払うことになります。

 

国保の場合は、前年度の所得によって保険料が計算されます。
前年度の所得が高ければ、その分の保険料も高くなります。

 

いずれの場合も、今までは給料から天引きされていたので、
そんなに額を気にしたことがなかった人だと「こんなに高いの!?」
とびっくりしてしまうかもしれません。

 

家族の健康保険の被扶養者になる場合は、保険料はいりませんが、
年収が130万円も未満という条件があります。
条件がクリアできているかどうか、確認することが必要です。

 

それぞれの健康保険によって受けられるサービスは、
「出産手当金」などいくつか違いがありますが、
医療機関を受診した時の自己負担は、どれでも3割です。

 

ですから、どの健康保険に加入するかは、
保険料を決め手として選ぶと良いでしょう。

 

家族の被扶養者として健康保険に加入できるのであれば、
無料ですから最もお得です。

 

家族の被扶養者になれない場合は、任意継続か国保のどちらかですが、
国保の保険料は、市区町村の国民健康保険の担当課に確認すると教えてもらうことができます。

 

健康保険の任意継続

 

保険料: 全額(在職時の2倍に)

 

手続き: 退職後20日以内に、本人の住所を管轄する協会けんぽ、
    または加入していた健康保険組合に必要書類を提出します。

 

国民健康保険(国保)

 

保険料: 全額(前年度の所得で決定)

 

手続き: 元の職場で「健康保険資格喪失証明書」を作成してもらい、
    退職後14日以内に、市区町村の国保担当課に行き、提出します。
    加入日は、退職の翌日になるので、保険料もさかのぼって徴収されます。

 

家族の健康保険の被扶養者

 

保険料: なし

 

手続き: 手続きは、被保険者(家族)の勤務先で行ってもらいます。
    退職の翌日から5日以内に手続きを行わなければならないので、注意が必要です。