ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

退職するときの引継ぎ

円滑に退職するためには、引継ぎがとても大切です。
引継ぎが不十分だと転職先でも評判が悪くなることもあります。

 

退職の意思を上司に伝え、了承を得たら、
次に「自分が担当している仕事をいかに引き継ぐか」ということを考えなければなりません。

 

一緒に働いていた同僚がやめると仕事が増えたり、
引継ぎが不十分で問題が起きることがあります。
残って働く同僚には、なるべく負担をかけないようにしなければなりません。
引継ぎを十分にすることは、円満退職のポイントになります。

 

また、退職後、新しい病院に何度も確認の電話が来ると、
自分自身も面倒です。
転職先に前の職場から何度も連絡が来るようなことになると、
「きちんと引継ぎをしなかったんだな」などと、
新しい職場での印象が悪くなります。

 

担当している業務を事前に洗い出し「引継ぎノート」を作りましょう。
そして、引継ぎの内容を文書化することで、
引継ぎ漏れが少なくなりますし、引き継がれた側も、
いつでも見て確認することができます。

 

また、転職先に連絡が来るのを避けるために、
自分の電話番号やメールアドレスなどの連絡先を伝えておくと良いでしょう。

 

引継ぎを終え、退職当日は、あいさつまわりをしましょう。

 

誰のところまで挨拶に行くかは悩みますが、
同僚、看護師長、看護部長、お世話になった医師、ほかの関係部署、
患者さんにも挨拶をします。

 

外部でお世話になった人に挨拶状を発送したい時は、
退職の一週間前くらいを目安にします。

やめるときのチェック

勤務先に返却するもの

 

・健康保険被保険者証
・IDカードなどの身分書類
・通勤用の定期券
・制服
・病院の費用で購入した書籍、参考資料
・業務用の関係書類

 

勤務先からもらうもの

 

・離職票
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・健康保険資格喪失証明書(国保加入時に必要です)
・退職証明書(健康保険の家族の扶養者になるときに必要です)
・源泉徴収票(確定申告時に必要です)