ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

退職願の書き方

退職の意思を伝え、了承を得たら「退職願」を提出します。

 

退職願は、一般的に、自己都合で退職する際に提出するものです。
ですが、この書類は、法律的に「絶対に提出しなければならない」というものではなく、
病院側の事務手続きのため、或いは慣習的に多くの場合に提出が求められているものです。

 

「退職願」と「退職届」の違いですが、
「退職届」では、退職することを届ける、つまり「退職しますよ」と断定する形になります。

 

「退職願」は、「願い」であり、「退職させてください」と意思を伝え、
承認を依頼する形となります。

 

内容としてはあまり変わらないのですが、
よりソフトな印象である「退職願」を提出するのが一般的です。

 

最近は、パソコンで作成し、プリントアウトして提出するという方法でもよくなっていますが、
手書きで書いたほうがより丁寧ですし、
横書きではなく、縦書きにするのが一般的です。

 

文面は、病院でフォーマットが決まっていればそのとおりで良いですし、
特になければ標準的な文面をそのまま写す形で問題ありません。

 

退職の理由は様々ですが、基本的には「一身上の都合により」の一言で済ませます。

 

「自分自身の問題、個人的な事情で」という形にし、
本音をつらつら書き並べる必要はありません。
書くと後々面倒になるだけです。

標準的な退職願の書き方

  • 白い縦書き用の便箋に、黒のボールペン、或いは万年筆で書きます。
  • 封筒は縦長の白無地とします。
  • 封筒の表には、中央に「退職願」と記載し、裏に自分の名前と所属部署を記載します。
  • 書き出しは「私事」、或いは「私儀」です。
  • 退職の理由は「一身上の都合により」とシンプルにします。
  • 文面の例としては『この度、一身上の都合により、来たる平成〇〇年〇月〇日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。』とします。
  • 退職予定日は、事前に看護師長など直属の上司と相談し、決まった日にちを入れます。
  • 最後の日付は、退職願を書く日付ではなく、提出する日付とします。
  • 所属部署、自分の名前は宛名よりも下になるようにします。
  • 捺印もします。
  • あて先は、直接手渡す人ではなく、最高責任者、つまり、病院の場合は、病院長の名前を記入します。

    『医療法人〇〇総合病院 院長 〇〇〇〇殿』