ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

転職のための退職意思を伝える方法

転職のために退職の意思を伝えるときには勇気が必要です。
特に初めての退職の人は、
「退職すると伝えたら、看護師長や同僚の態度が悪くなるのではないか。」
など、心配になりますし、やめることを伝えたら、
一緒に仕事をするのが気まずくなりそうだなど、色々考えてしまいます。
そうこうしているうちに、転職のための退職意思を伝えることが
遅くなってしまうこともありますが、
退職する際には引継ぎもありますし、各種手続きもありますから、
ある程度の余裕をもって、退職する意思を伝えることが必要です。
そうしなければ、希望通りにやめることができなくなるかもしれません。

 

誰に伝える?

 

退職の意志は、直属の上司に伝えることがマナーです。
所属している病棟や外来などの看護師長に伝えます。
直属の看護師長を飛び越して看護部長に伝えたり、
周りの同僚に先に伝えるのはマナー違反です。

 

いつまでに伝えるか?

 

法律上では、2週間前までに伝えれば良いとされてます。
ですが、殆どの場合は就業規則で「退職日の〇ヶ月前までに」と規定されています。
看護師の職場では、突然誰かがやめればシフトが変わり、
残された人にしわ寄せが行き、迷惑です。
ですから、ある程度余裕をもって伝えることが必要です。
ですから、1〜3ヶ月前に直属の上司である看護師長に伝えます。

 

また、タイミングも必要です。
年末年始や夏季休暇のシーズンで、人が手薄になっているときや、
新人が増える4月の退職はできれば避けたいところです。

 

円満で、スムーズにやめるためには、
自分の都合だけでなく、病院側の負担にならないように考慮すべきです。

 

退職の意思をどのように伝えるか?

 

今はメールや電話など、いつでも上司と話をすることができますが、
やはり、直接会って話をするのがベストです。
上司の手が空いているタイミングを見計らって、
「ご相談があります」などと切り出し、退職を決意したことを
キッパリと丁寧な言葉で伝えるようにします。

 

病院にとって看護師は大切な戦力ですから、
どのような形で切り出しても「考え直して欲しい」と引きとめられるかもしれません。
そのときに「まだ悩んでいるかな?」とか
「残ってくれる可能性があるかも?」などと受け取られるような態度を取ると、
強引に引き止められ、やめにくくなってしまうこともあります。
キッパリと丁寧な言葉で退職の意思を伝える様にしましょう。

 

どのような理由でやめるのか?

 

退職理由についてですが、色々不満があったとしてもやめるまでの数ヶ月を
一緒に働くことを考えて、不満を並べ立てることはしたくありません。
転職してどんなキャリアアップを図りたいのかと言った前向きな理由、
結婚、妊娠、親の介護、夫の仕事の都合など、
「どうしようもない理由」を挙げるのが良いでしょう。

 

仮に待遇に関する不満を並べ立てると、
「給与を上げるから。」、「特別に休息をとっても良いから。」など、
譲歩案を定時され、続けざるを得なくなってしまうこともあります。
ですが、そのようにして続けても、同僚に知られれば
「あの人やめるといって、特別に休暇をもらったらしいよ、給料もあがったらしいよ。」
などと言われ、印象が悪くなってしまう事もあります。

 

また、口約束だけで退職を取りやめたけれど、
結局は前と変わらなかったということもあります。

 

やめるという意思を決めたのであれば、
改善の可能性がある理由を伝えるよりも、
たとえウソでも「やめざるを得ない」理由を挙げたほうがスムーズです。