ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

ナースになるための学校

ナースになるための学校、つまり、看護師試験の受験資格を得ることができる学校は、
大きく分けて「看護専門学校」、「看護短期大学」、「看護大学」の3つがあります。
それぞれの特徴を理解し、自分にあった学校を選ぶことが必要です。

 

@ 高等学校卒業 → 看護大学(4年) 
 → 看護師国家試験(看護師)、保健師国家試験(保健師)、助産師国家試験(助産師) 
 → 大学院(修士課程)(修士)

 

A 高等学校卒業 → 看護短期大学(3年) → 看護師国家試験(看護師) 
 → 短期大学専攻科(1年)・保健師助産師学校(1年) 
 → 保健師国家試験(保健師)・助産師国家試験(助産師)

 

B 高等学校卒業 → 看護専門学校(3年) → 看護師国家試験(看護師) 
 → 短期大学専攻科(1年)・保健師助産師学校(1年) 
 → 保健師国家試験(保健師)・助産師国家試験(助産師)

 

高校を卒業後、「ナースになりたい!」と思ったら、
看護専門学校に行くか、看護短期大学に行くか、看護大学に行くかの3つの中から学校を選びます。

 

この三つの学校は、かかる学費も、受験資格を得ることができるまでにかかる年数も、
カリキュラムの特徴も異なりますが、最も多くの人が進むのは、看護専門学校です。

 

学校の数が最も多く、学校によってバラエティーも豊かで、学費も大学や短期大学に比べて安いということから、
「看護師専門学校」が最も多くの人に選ばれています。

 

また、この三つの学校のほかに、5年一貫高校(中学校を卒業後に行く)や、
2年の准看護師学校、高等学校の衛生看護科に通い准看護師の試験を受け、
准看護師として働きながら、正看護師を目指すという方法もあります。