ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

転職のための退職準備

今の職場の良いところ、悪いところ、
転職する事にあたってのメリットやデメリットを書き出し、
その転職が必要なのかどうかを客観的に判断した上で、
「やっぱり転職したい」という結論がでたのであれば、
「転職するならいつするか、今でしょ!」なのでしょう。

 

転職のためには、まず、今の病院をスムーズに、円滑に退職することが必要です。
転職先がすぐに決まったとしても、
今働いている病院をすぐにやめることができるとは限りません。
あなたが、今の病院で戦力として働いてきたのであれば、
転職は難しいものとなり、簡単にやめることは出来ないはずです。

 

ですが、「もうこれ以上、あの看護師長の下で働くのは嫌だ!」
などと感情的になって今すぐにでもやめたい状況があるかもしれません。
ですが、感情的に職場を飛び出しても、雇用保険や健康保険などの手続きがあります。
また、退職金、ボーナスなどもらえるはずのものもあるでしょうから、
感情的に喧嘩別れをしたのでは自分が損をします。

 

退職をするときには、きちんと手続きをとり、
「自分にとってメリットの高い辞め方」をしなければなりません。

 

円滑でスムーズな、に退職をするためには、
「退職意思の伝え方」、「業務の引き続き」、「社会保険の手続き」がポイントになります。

 

退職をする際には、まず直属の上司、病院であれば、
担当の看護師長などに退職の意思を伝え、了承を得ます。
引きとめられる事もあるかもしれませんが、あくまでも冷静に対処しましょう。

 

「早くやめたい」、「早く違う病院でチャレンジしたい」という気持ちも分りますが、
感情的にならず、やめるのを人のせいにせず、丁寧に、キッパリと
退職の意思を伝えることが第一歩となります。

退職までの流れ

1〜2ヶ月以上前

 

担当の看護師長など直属の上司に退職の意思を伝える。
承諾を得たら、上司と相談しながら退職日を決め、
引継ぎのスケジュールを立てる。

 

1ヶ月以上前

 

担当していた業務のマニュアル作成や、同僚への引継ぎをする。

 

2週間前までに

 

退職届を提出する。

 

退職日前日までに

 

更衣室のロッカーなど、病院に置いている私物の整理をします。

 

退職当日

 

健康保険証、制服などの備品、IDカードなどを病院に返却する。
年金手帳、離職票、源泉徴収票、雇用保険被保険者証を受け取る。
お世話になった先輩、同僚、患者さんへの挨拶をする。