ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

専門分野のスペシャリストにキャリアアップ

ナースになってから、専門分野のスペシャリストを目指す事もできます。

 

ナースのキャリアアップには、看護主任、看護部長、総看護師長というステップアップだけでなく、
自分が興味のある特定の分野でのスペシャリストを目指す道もあります。

 

ナースは、認定看護師や専門看護師などとして、特定の分野のスペシャリストになって活躍していたり、
保健師や助産師、養護教諭、ケアマネジャーといように、
色々な場所や分野で活躍しています。

 

認定看護師

 

認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格している
特定の分野において「熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護」を実践することができると
認定された看護師のことで、つまり、看護師の中でも、ある特定の分野について、
専門的な看護ケアができるスペシャリストのことをいいます。

 

認定看護師の分野には、「救急看護」、「皮膚・排泄ケア」、「集中ケア」、
「緩和ケア」、「がん化学療法看護」、「がん性疼痛看護」、「訪問看護」、
「感染管理」、「糖尿病看護」、「不妊症看護」、「新生児集中ケア」、
「透析看護」、「手術看護」、「乳がん看護」、「摂食障害看護」、
「小児救急看護」、「認知症看護」、「脳卒中リハビリ看護」、「がん放射線療法看護」、
「慢性呼吸器疾患看護」、「慢性心不全看護」などがあります。

 

専門看護師

 

専門看護師とは、日本看護協会が認定する資格で、
特定の分野で「実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を果たす」ことができると認められた看護師のことをいいます。

 

専門看護師も、認定看護師と同様に、特定分野のスペシャリストではありますが、
専門的なケアの実践だけでなく、調整や倫理調整という看護システム全体をマネジメントできることや、
研究という役割があることが特徴です。

 

専門看護師の分野には、「精神看護」、「がん看護」、「地域看護」、「老人看護」、「小児看護」、
「母性看護」、「成人看護(慢性)」、「クリティカルケア看護」、「感染看護」、「家族支援」などがあります。

 

保健師

 

保健師は、市町村の保健センターや、都道府県・政令指定都市にある保健所、学校、企業などで、
集団検診や健康相談などを行ったり、健康や病気予防をサポートする仕事などをします。

 

保健師は、看護師と同じで国家資格です。
そして、保健師の多くは、保健センターや保健所などの公的な機関で、
公務員として働いています。

 

地域住民の健康に関するアドアイスのほかにも、
家庭を訪問して健康上のアドバイスをする事もあります。

 

保健師というと、女性の仕事というイメージがありますが、
近年は少しずつ男性の保健師も増えてきました。

 

助産師

 

助産師とは、出産の手助けを行う女性限定の仕事です。
助産師は国家資格で、出産そのもののサポートではなく、
妊娠中や出産後の妊婦さんや赤ちゃんのケア、健康上のアドバイスを行います。

 

病院の産婦人科だけでなく、お産だけを扱う「助産院」で働く人もいます。

 

ちなみに、助産院の施設長は、「助産師」です。

 

養護教諭

 

養護教諭とは、小学校や中学校、高校の「保健の先生」のことです。

 

生徒の健康管理や健康相談、学校内で怪我をした生徒や、
具合が悪くなった生徒への救急処置や対応を行うことを主な仕事とします。

 

保健室は、子供だけでなく、校内で働く教員や教師の安らぎの場となっているケースも少なくありません。
つまり、養護教諭は、カウンセラー的な役割も必要です。

 

養護教諭になるためには、看護師資格のほか、
文部科学省が指定する学校での教育を受け、養護教諭の免許を取る必要があります。

 

ケアマネジャー

 

ケアマネジャーとは、介護支援専門員のことをいいます。

 

介護が必要と認定された人が、その人に合った介護サービスを受けることができるように、
ケアプランを作成して介護計画を立てるなどの仕事をします。

 

ケアマネジャー試験は、保健・医療・福祉分野の国家資格を持っていて、
実務経験があることが受験の条件となっています。
そして、ケアマネジャーの中には、社会福祉士など、福祉系の職種の人も多いですが、
医療に関する知識が豊富で幅広いナースは、現場で重宝されるケアマネジャーとなります。