ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師の病院でのキャリアアップ

看護師の資格を取得し、看護師という仕事に就いたらゴール!ということは決してありません。
看護師になって、ナースとして職を全うするようになってからも、
様々なキャリアアップの道がありますし、選択が広がります。
どのようなナースになるのかは、自分次第です。

 

病院でのキャリアアップ

 

看護師のキャリアアップの道には、経営スタッフという道もあります。
近年では、副院長のポストを看護師に・・・という病院も増えています。
それまでに培った経験を、病院のマネジメントに活かす事も可能なのです。

 

ナースの仕事をしている人に、ナースの仕事の魅力を聞いてみると、
「自分自身の成長を実感できる」という点をあげる人が多いです。
看護師という仕事は、ナースとしてのキャリアを積み重ねることで、自分自身が成長でき、
組織の中でキャリアアップする事も可能な職種です。

 

このように、新人ナースとして就職し、主任になり、看護師長になり、
看護部全体のトップである総看護師長(看護部長)になる・・・など、
役職としてのキャリアアップを望む事もできますし、
看護技術を高めるキャリアアップの道もあります。

 

看護技術を高めていくためのキャリアアップとは、
例えば「キャリアラダー」です。
キャリアラダーとは、ナースとしての臨床実践能力を高めていく過程で、
自分の看護師としての方向性を生活や人生設計によって選択していくシステムです。
このキャリアラダーを導入している病院も増えています。

 

さらに、病院の経営に参画する副院長のポストを狙うこともできます。
副院長といえば、今までは医師のポストであることが一般的でしたが、
近年は、ナースを副院長に起用する病院も増えています。

 

看護師は、もともと病院の中で最も人数が多い職種で、
患者さんと接する時間も長く、他の職種のスタッフとの接点も多い職種です。
ですから、ナースとしての経験を積み重ねるうちに、
患者さんの視点を取り入れながら、病院全体を見て調整を行う能力も
自然と身についていきます。

 

今までは看護師のキャリアとしてのトップは看護部長でした。
しかし、この用に副院長となり、経営陣の一人となって
病院全体のマネジメントに携わる道も拓かれているのです。

看護師が病院内でキャリアアップする道

新人看護師
看護師の資格をとり、先輩ナースに教えてもらいながら日々精進します。
主任看護師
他のナースと同じように、交代制で働きながら、看護師長をサポートしていきます。

ナースたちのよきお手本であり、相談役としての役割を担います。

看護師長
外来、手術室、内科病棟、外科病棟など、各現場の看護リーダーとしての役割を担います。

看護部長の考えを受け、現場のナースたちが気持ちよく働くことができるようにマネジメントしていきます。

看護部長
看護部全体のトップとしての役割を担います。

看護部センタをマネジメントし、方向性を決めていきます。

副院長
病院長と共に、病院全体の経営を考える役割を担います。

副院長に看護師を起用する病院は年々増えています。