ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

ママナースって大変?

ママでもあり、ナースでもある・・・なんだかとっても大変そうなイメージですが、
でも話を聞いたママ看護師のGさんとIさんは、お二人とも活き活きとしていらっしゃいました。

 

仕事と家庭の両立は大変ですか?

自分の時間を作ることが難しいと感じることはあります。
子供を寝かせながら自分も寝てしまったりとか・・・。
同居している義母が夕食を作ってくれたり、洗濯物をしまってたたんでくれたり、
とても協力してもらって助かっています。

産休・育休は貰いましたか?

産前に6週間、産後に8週間、子供が6ヶ月になるまで休みを貰いました。
8ヶ月ほど休んで復帰した時には、医療が進歩していて、
ちょっと不安な事もありましたが、同僚に助けてもらいながら無事に復帰しました。

夜勤もしていますか?

日勤のみです。
3・4日日勤をして、休みを挟んでまた日勤というくり返しです。

ナースとしてやりがいを感じる時はどのような時ですか?

とてもつらそうな患者さんが「死にたい」とずっと仰っていて、
その患者さんは末期がんだったのですが、なんと声をかけてよいかわからず、
「本当に辛いですよね」と背中をさすってあげることしかできなかったのです。
でも、あるとき「あの時はありがとう」と仰ってくださり、
自分では何もできなかったと思っていたのですが、看護ってこういうことだなと思いました。

ママナースGさんの話

 

仕事と家庭の両立は大変ですか?

自分が選んだ仕事なので仕方がないのですが、
どうしても子供と触れ合う時間が少なくなってしまいます。
でも、仕事にやりがいを持っています。
病院にいる間は完全に仕事モードで、家に帰って子供の顔を見たら、
仕事のことは忘れるようにしています。

産休・育休は貰いましたか?

合計で1年間休みを貰いました。
その後は、24時間の院内保育所で預かってもらっています。
小学校低学年まで預けることができ、残業でお迎えが遅くなっても面倒を見ていてくれるし、
夕方5時までに連絡をすれば夜ご飯も食べさせてもらうことができます。
院内保育は、保育のプロが見てくれるので安心して仕事ができます。
育児相談にも乗ってくれるし、夜勤の時ももちろん預かってくれるのでホント助かります。

夜勤もしていますか?

本当は月に5・6回の夜勤が回ってくるのですが、月に3回にセーブしてもらっています。

ナースとしてやりがいを感じる時はどのような時ですか?

地震のときに、患者さんのご家族が、色々な食べ物をナースステーションに持ってきてくださったことがありました。
やりがいとはちょっとちがいますけれど、停電している時でしたし、
患者さんを不安にさせてはいけないと思いながら私たちも本当は動揺していたのです。
でも、そんなときに患者さんの家族に温かい食べ物をいただいて、
とてもほっこりした気分になりました。

 

ナースは、看護師という資格を持っているので、
病院でも介護施設でも、緊急の場合は避難場所でも働けます。
色々な広がりがあり、人の役に立てますが、でもやっぱり私たちナースも
人に支えてもらっているからこそナースとして働けるのですね。

ママナースIさんの話

ママナースを支えるシステム

ママナースを支えるシステムは色々あります。

 

例えば、院内保育や産休・育児休暇・復職支援プログラムなどです。

 

院内保育

 

院内保育とは、病院の敷地内や隣接する建物に保育施設があり、
働いている間子供を預かってもらうことができるサービスです。
24時間運営で、夜勤の間預かってくれるところも増えていますし、
市の保育室よりも割安だと評判です。
残業などで遅くなる場合、早めに連絡をすると夕飯を食べさせてくれるところもあるようです。

 

産休・育児休暇

 

妊娠中や、子供が小さい頃は仕事を休んで出産や育児に専念したいナースも多いです。
医療機関にも、産休・育児休暇制度があります。

 

復職支援プログラム

 

産休・育児休暇、或いはしっかり子供を育てあげてから復職したい人のために、
復職支援プログラムがあります。
ブランクがっても、安心して仕事に戻ることができるとナースの間でも評判です。

ママナースの一日

ママナースJさんの一日の生活を教えてもらいました。
Jさんは看護師歴6年のベテラン。
お子さんは3歳の男の子です。

 

6:00 起床
7:00 子供と一緒に朝食
7:30 子供と一緒に家を出る
8:00 病院に到着 子供院内保育施設に預ける
8:30 ミーティング開始
8:45 入院患者さんの部屋を回り、ベッド周りの整理や点滴、清拭などをおこなう。
10:00 リーダーからの申し送り
10:40 患者さんのバイタルサイン(脈拍、呼吸、体温、血圧)の測定
11:30 お昼休憩
12:30 患者さんの下膳、体位交換、おむつ交換、バイタルサインの測定など
16:30 看護記録の記入、リーダーへの申し送り
17:30 業務終了。院内保育室へ子供を迎えにいく
18:30 帰宅 
    子供と一緒にお風呂、夕食
21:00 子供を寝かせる
    読書やパソコン、勉強など自分の時間

23:00 就寝