ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

助産師の仕事

助産師の仕事には、勤務する病院によっても様々ですが概ね3つの担当があります。
その3つとは、「分娩室の担当」、「ベビー室の担当」、「赤ちゃん&お母さんの担当」です。

 

分娩室の担当

 

分娩室担当の助産師は、お産を控えた妊婦さんのケアやお産の介助を行います。

 

ベビー室担当

 

ベビー室担当の助産師は、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話や、
予定より早く生まれたり、何らかの問題がある赤ちゃんなど、
保育器で預かっている赤ちゃんの様子を看ます。

 

赤ちゃん&お母さん担当

 

赤ちゃん&お母さん担当の助産師は、新生児室を出てお母さんと一緒に病室にいる赤ちゃんのケアなどを行い、
育児指導などもします。

 

 

育児はお産が終わると同時に始まります。
お母さんの考え方や生活スタイル、夫婦関係、家族関係、兄弟がいるかどうかなど
人によってちがいます。
育児指導と言っても押し付けにならないように、お母さんが育児を楽しく出来るようなベストな方法を
一緒に考えていくのも助産師の仕事です。

助産師として働いているDさんに質問

休日はどのくらいありますか?

4週8休なので、週休2日ですけれど、もっと休みがあるように感じます。
夜勤明けの日は、朝帰って翌日は必ず休みなので、2連休のようになります。
夜勤は週に1回くらいで、毎週3日くらい休みを貰っている感じです。

連休はとれますか?

2連休は希望を出すと取れます。
3連休、4連休をとる事もできます。
海外旅行が好きな人は、一週間以上休みをとっている事もあります。

休みの日は何をしていますか?

友達とご飯を食べに行ったり、飲みに行ったり、ショッピングにいったりします。

友達と休みをあせることはできますか?

ここに回答を入力週末休みの友達とは、なかなか休みをあせることができないので、
どうしてものときは希望を出して休みを取ります。
普段は、土日よりも平日のほうがどこもすいているので、
平日の休みのほうが良いです。

病院の仲間と遊びに行くことはありますか?

仕事が終わってからご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりします。
次の日が休みのときは、朝まで飲んでいることもあります。

どのように気分転換しますか?

ひたすら飲み、カラオケに行って大きな声を出して歌います。
泣けるDVDを見て、気分転換をすることもあります。