ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

ER(救急外来)ナースの仕事

ER(救急外来)の仕事は、病棟の仕事のように一日のスケジュールが決まっているわけではなく、
忙しい人そうでない日の波があります。
時には、患者さんが運ばれてこない平和な日もありますが、
時には、重症の患者さんが同時に複数名運ばれてくる事もあります。

 

ER(救急外来)の処置ベッド以上の患者さんが運ばれてくることもあります。
歩いて病院を訪れた比較的軽症だと思われた患者さんの状態が
突然急変する事もあります。

 

救急患者さんを受け入れ、優先順位を判断しながら必要な処置や検査を行い、
経過観察を行うのがER(救急外来)のナースの仕事です。

 

救急外来には、色々な診療科の患者さんが集まるので、
幅広い知識も必要です。

ER(救急外来)の仕事の流れ

・救急車で運ばれてくる患者さんの受け入れを準備する。
・患者さんのバイタルチェック、点滴、採血などの処置、検査。
・経過観察。
・入院が決定した患者さんの調整や案内。
・家族への説明。

 

など。

ER(救急外来)現場ナースの話

R(救急外来)で働いているナース(Aさん)に話を聞いてみました。

 

「私がERの配属を希望したのは、医療技術をしっかり身につけたいということと、
患者になる原点をみたかったからです。
ERの前は、療養型の病院で終末期の患者さんを看ていたので、
看取りの看護が中心でした。
ナースの仕事として、看取りの看護も大切ですが、
助ける看護、急変対応など命を救うのに必要な技術を身につけたいと思い、
ERへの配属を希望したのです。
何らかの理由で突然救急車で運ばれ、入院することになる・・・
という、患者さんになる入口を見てみたいと思いました。

 

ER(救急外来)配属になって最初の頃は、本当に大変でした。
医師の指示があるのですが、自分でも考えて判断し、対応することが必要で、
自分の対応次第で患者さんの予後も決まるというプレッシャーもあります。

 

色々な診療科の患者さんが集まるので、幅広い知識が必要です。
最初の頃は勉強しなおし、また勉強しなおし・・・という勉強の日々でした。
先輩ナースが一から教えてくださいますし、同時期に配属になった仲間とも
励ましあいながら、情報交換をしながら努力しました。

 

ER(救急外来)は、技術をしっかり学べるところだと思います。
色々な症状の患者さんが集まる分、広い知識が必要ですから、すごく勉強もしています。
ですから、たくさんの知識がついていると思います。
今後、どの科の病棟に言ってもやっていけるのではないかと自信もあります。

 

このような経験を活かして、将来は、看護教員を目指したいです。」