ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

ナースの勤務形態

ナースの勤務形態

 

最近は、仕事と生活のバランス(ワークライフバランス)を大切にする病院も増えているので、
ナースの働き方も多様化しています。
ですが、入院患者さんのいる病院では、患者さんは24時間365日、ケアを必要としていますから、
当然、ナースの仕事も24時間365日発生します。
スタッフが交代で勤務に当たることが必要なので、
「2交替制」や「3交替制」という病棟の一般的な勤務スタイルで働くことになります。

 

「2交替制」

 

24時間を二つに分けて「日勤チーム」と「夜勤チーム」で交替して働く勤務スタイルです。
12時間ずつに分ける病院もありますし、16時間と8時間に分けている病院もあります。
また、日勤を早朝から働く人と遅出の人に分けるなど、変則的にしている病院もあります。

 

「3交替制」

 

24時間を3等分し「日勤チーム」、「準夜勤チーム」、「深夜勤チーム」というように
チームを3つに分けて8時間ずつ仕事を担当する勤務スタイルです。

 

日勤には、早番・遅番がある病院が多く、夜勤のときには、交替で仮眠を取ります。