ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護学生を対象とした奨学金制度

経済的な理由により、通いたい学校に通うことができないとう学生をサポートするための奨学金制度は、
看護学校に通う場合も利用することが出来ます。

 

しかも、看護学校に通う学生の場合、一定の条件を満たせば
奨学金を返さなくても良いというケースが殆どです。
看護学生ほど恵まれている学生はいない!という意見もあるほど、
看護学生は恵まれた環境にあります。

 

奨学金とは

 

「奨学金」とは、経済的な理由で学校に通うのが難しい学生に貸与するお金のことです。
あくまでも「貸与」なので、返済しなければなりません。

 

独立行政法人日本学生支援機構の奨学金

 

奨学金として有名なのは、「独立行政法人日本学生支援機構」の奨学金です。
この奨学金は、「経済的な理由により就学に困難がある優れた学生に対し貸与されるものです」と説明されています。
つまり、家庭の事情でお金が必要というだけでなく、「優れた学生」であることが条件です。
「優れた」のレベルとは、高校1年から申し込み時までの成績の平均値が3.5以上です。

 

この奨学金の返済は必須で、万が一本員が死亡した場合であっても、
連帯保証人や、保証人が返済しなければなりません。

 

あしなが奨学金

 

あしなが奨学金は、あしなが育英会が運営している奨学金で、
保護者がなくなったり、重度の後遺障害によって働くことができない家庭の子供のために、
高校、大学、専門学校などへの進学のためのお金を貸し出す制度です。

 

あしなが奨学金は、両親がいない、或いは両親が働くことができないという子供たちのための奨学金ですが、
やはり返済の義務があり、貸与が終わってから6ヶ月後〜20年以内に返済しなければなりません。

 

ただ、あしなが奨学金は、本人が死亡したり、心身障害などで返済できなくなった場合は
返済が免除されます。

 

看護学生の奨学金

 

看護学校に通う学生をサポートする奨学金は、殆どが返済しなくても良いケースです。
借りた期間分、ナースとして働けば返済しなくても良いというように条件があり、
無条件で返済義務がなくなるわけではありませんが、
学生にとってかなり有難い制度であるといえます。
また、申し込みの際、学校の成績などの条件もほとんどありません。

 

全国的に看護師が不足している現代、ナースになる人を増やしたいからこそ
看護学生を対象とした条件の良い奨学金制度があります。

 

看護学生を対象とする奨学金制度には、都道府県が運営する奨学金制度や、
病院や病院グループが運営する奨学金制度などがあり、
看護師資格をとってから、キャリアアップを支援するための奨学金制度もあります。

 

* 月に5万円の奨学金を貰うことができると、専門学校の学費であればすべてまかなえます。

 

一般の奨学金と看護学生の奨学金の違い

 

一般の奨学金: 返済は必須、経済的に困難な学生のためのもの、学業レベルで条件あり

 

看護学生の奨学金: 返済しなくて良い場合が殆ど、ナースになって働きたい人のためのもの、学業レベルでの条件はないことが多い