ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護専門学校で行われる実習

看護専門学校の最大の特徴としては、「実習がある」ということです。
そして、この実習を乗り切らなければ卒業ができません。

 

実習では、病院での患者さんの生活を知るという基本的な体験から始まり、
3年生になると実習残間の日々になります。

 

実習期間は、記録と格闘する日々が続きます。
担当する患者さんのカルテを見て、情報を収集することからはじめ、
どのように患者さんにかかわるかという看護計画を立ててケアを行います。
そして、一日の実習が終わったら内容をレポートにまとめ、
翌日の目標や計画を立てる・・・というように繰り返していきます。

 

自分がどのような患者さんを担当し、どのような看護を行っているのかという内容を発表しあう
カンファレンスを行う事もしますし、
実習終了後に学んだことをくり返し報告しあうなど、
一緒に実習を行う仲間たちと情報を共有したり、意見交換を行うこともあります。

 

実習は、決して楽な期間ではありません。
仲間と一緒に励ましあいながら、乗り切っていきます。

 

<一年生で行う実習内容>

 

一年生は、基礎看護学の実習を行います。

 

病院での患者さんの生活を知るために、患者さんと直接コミュニケーションをとりながら、
日常生活の援助を行って行きます。

 

また、一週間ほど病院に通い、患者さんの体を拭いたり、血圧を測るなど、
基本的な技術を実際に経験します。

 

このような実習を経験し、「もっと勉強しなければ!」と、
意欲を高める人も多いようです。

2年生で行う実習内容

二年生になると、「基礎看護学実習」、「老年看護学実習」、「成人看護学実習」、
「精神看護学実習」というように、実習する内容も多くなります。

 

一人の患者さんを担当し、どのような問題を抱えていて、どのような看護を行うのかという
看護計画を立てるところから、患者さんと関わってきます。
子供、大人、高齢者、或いは精神疾患の患者さんなど、
対象によって内容も様々です。
一通り経験することによって、自分に向いている分野や、
やりたい分野を考えるきっかけにもなります。

3年生で行う実習内容

三年生になると、二年生の時よりもさらに実習する内容は多くなり、
「成年看護学実習」、「小児看護学実習」、「在宅看護論実習」、
「老年看護学実習」、「母性看護学実習」、「統合実習」というように
実習三昧の日々となります。

 

概ね、12月までは2〜4週間タームで次々と実習が入り、
今までに身につけてきた知識や技術を総動員して、
色々な現場で確かな実践力を身につけます。

 

医療チームの一員としての看護師の役割も学び、
将来の自分の進むべき道も見えるようになっていきます。