ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

ヤル気のある看護師を採用したいと考えている病院に転職しよう!

看護師の求人は引く手あまたです。
そして、多くの看護師採用の現場では、
中途採用や新卒採用にかかわらず、
採用人数を決定しただけで募集を広報している現状があるようです。

 

このような状態で広報活動をはじめ、
中途採用の場合は、よほどのことがない限り、
条件が合えば採用していることが多いです。

 

さらに、新卒採用の場合も、
応募者の人数をつかんでから、
具体的な採用試験の計画を立てています。

 

採用試験に関しても、採用のビジョンが明確になっていないので、
判断基準が曖昧で、
イメージや人柄などで選択して採用してしまいます。

 

すると、採用したけれど、
期待した人材には程遠かったというようなケースが多く見られます。

 

しかし、ヤル気のある看護師を採用したい病院は、
「看護師が何人必要か?」はもちろんのこと、
「どんな能力を持った人か?」、
「どんな資質の人を採用したいのか?」というような議論をしっかりして、
どのような人を集めようかという思考を重ねています。

 

つまり、採用すべき人物像を具体的に決定し、
採用の目的・方法を採用活動にかかわる人全員が、
共有できる方針を立てた後、募集を始めているのです。

 

看護師不足の現実は避けられませんが、
人数だけの充足という観点の採用活動をしている病院では、
せっかく転職を考え、転職に成功したとしても、
その転職の目的を達成することができないかもしれません。

 

病院側も、人数だけの充足を目的とした採用では、
看護師の定着を阻害する要因が多くなるため、
いつまでたっても看護師不足の問題は解決できません。

 

どんどん採用をしても、
結局人数の確保さえできない状態になってしまいます。

 

自分の転職を成功させるためにも、
ヤル気のある看護師を採用したいと考えている病院を探したいですね。

ターゲットが明確化されている病院を選ぶ

ターゲットが明確化されている病院とは、
自院の経営ビジョンを理解している病院です。

 

自分が転職しようとしている病院は、
どのような病院を目指しているのか、
ほかの病院とはどのように違う「強み」があるのか、
患者さんに喜ばれる病院になるために
どのような計画が策定されているかなど、
経営陣がどれだけ理解し、
そのような病院を経営するために
どのような努力をしているかを知りたいですね。

 

病院が計画していることを遂行するために必要なのは「人材」です。

 

病院の短期的、あるいは長期的な目標に対し、
看護部としてどのように経営にかかわっていくかという目標が
明確になっている病院を選びたいです。

 

たとえば、
「専門性を発揮する看護師を増やし、
より高度な看護を提供することを患者に広報し、
来院患者を増やす」ことを目標としている病院もありますし、
「和気藹々と、穏やかに時間が流れる雰囲気を出して、
癒しの看護で来院患者を増やす」ことを目標としている病院もあります。

 

このような目標によって、
転職先を探すときの病院選びが変わってきます。

 

その病院の「看護の強み」が明確になっていて、
自分が目指す看護師として活躍できる病院、
自分が目指す看護師としてのスキルを磨くことができる病院を選びましょう。

 

たとえば、「誰でもいいから集まってください!」とか、
もう少し具体的に「看護師の有資格者の人は集まってください。」、
「看護学生を募集しています。」という人材集めをしている病院だと、
目標が明確化されておらず、
ただの人員補充としての採用になってしまうかもしれません。

 

自分の個性や特徴、考えとマッチした病院を探すためには、
「このような仕事がしたい人、集まってください。」
「このような仕事を一緒にしませんか?」というような
看護師の募集をしている病院を選びましょう。

わかりやすい求人広告を出している病院を選ぶ

看護師の転職に成功するためには、
「わかりやすい求人広告」を探してみると良いですね。

 

わかりやすい求人広告とは、
以下のような内容がきちんと提示されている求人広告です。

 

病院の概要

 

・どのような病院なのか。
・病院の特徴。

 

どの病院であっても、
「疾患を診断し、治療する場所」という存在意義はほぼ同じです。
ですから、「地域に密着」、「最先端の医療を提供」というような
表現の求人広告は、ありきたりですね。

 

大まかな病院のカテゴリーと、
一般的な病院の特徴、社会に対する存在意識を確認したいです。

 

物理的なメリット

 

・就職(転職)することでもたらされる物理的なメリット。

 

養われる専門性を謳っていることが多いですが、
別の病院であっても、同じような専門性を養うことはできます。

 

その病院で働くことによって学ぶことができる専門性(具体的に)、
勤務条件や給料、福利厚生などによる実際に働いたときのメリットを
確認したいです。

 

心理的なメリット

 

・就職(転職)することでもたらされる心理的なメリット。

 

「看護の心」をメッセージにし、
「このような看護の心を持った看護師と一緒に仕事をすることができます。」、
「この病院であれば、看護師としてやりがいを追求できます。」、
「看護師として、このように成長できます。」というような
期待感のあるメッセージのある求人広告が魅力的です。

 

シンボル(象徴)

 

・たとえば、「このような魅力のある病院です!」など。

 

その病院を一言で表すと、このような病院!というシンボルがあると、
その病院についてのイメージをつかみや救いなります。

 

自分が就職したい!と思う病院を選ぶ

看護師が就職先や転職先を選ぶとき、
重視する点は「給料」、「時間外労働の少なさ」、
「人間関係」という人が多いようです。

 

ですが、本来は「いい看護をしたい」から転職すべきです。

 

求人広告でも「お金と休みで惹きつけよう!」という発想の病院は、
少し考え物。
病院側も、「いい看護をしたい」と
やる気を持っている人を採用したいと望むべきです。

 

転職や就職するのであれば、
「あなたが望むいい看護がしたいという夢がかなう病院」、
「このような看護ができる病院」という点が
前面に出されている病院への転職を、望むべきではないでしょうか。

 

 

看護師としての転職(就職)するのであれば、
「自分が目指す看護ができる」と信頼できる病院、
「他院よりも少しくらい給料が低くても、
就職(転職)したいと思うことができる病院」の求人広告を探したいですね。

 

ありきたりな病院ではなく、
「やりがいのある看護」ができる病院、
そして、実際に病院に見学に行くと、
看護師が活き活きと働いている病院であれば、
「転職(就職)しても間違いがない病院」であることがわかるでしょう。

求人広告から受け取りたいメッセージ

看護師の転職や就職の際、
求人広告から受け取りたいメッセージはいろいろありますが、
あれもこれもとたくさんの情報が欠かれている広告は少ないと思います。

 

しかし、まれにいろいろな情報が盛りだくさんな広告もあります。

 

病院側としては、本当は、あれもこれもと、
たくさんの魅力を伝えたいと思っているのでしょう。
しかし、莫大な情報がばらばらに出ていることもあります。

 

情報がたくさん出ていると安心な感じもします。

 

しかし、いろいろなことが書かれすぎていると、
結局何が魅力なのかわからなかったりしますし、
たとえば、卒後教育の内容、キャリアアップ支援、
ワークライフバランス、子育て支援など、
制度面ばかりを羅列している広告もあると、
病院の魅力が何も伝わってこないこともあります。

 

このように、たくさん情報が羅列されていたり、
逆にほとんど情報がない求人広告は、
インパクトがなく、心に響かず、見落としてしまいがちですね。

 

実際には、このような広告がたくさんあります。

 

看護師の転職の求人広告では、
「この病院に就職すれば、このようなメリットがある。」
という内容を見逃さないようにしたいものです。

 

メリットは、受けられる制度だけではありませんよね。