ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師面接でチェックされていること

履歴書や面接で、採用担当者は何を見ているのでしょうか?

 

どのようにすれば、良い病院を見分けることができ、
転職を成功させることができるのか、
採用担当者の方に、色々聞いてみました。

履歴書で第一印象が決まる

履歴書の写真

 

転職応募者の第一印象は、やはり「履歴書」で決まります。
履歴書は、転職活動においてとても大事な要素になります。

 

採用担当者の人が、履歴書を受け取ってまず目を向けるのは写真です。
普通のスナップ写真を切り抜いて貼っていたり、
カジュアルな私服で撮っている写真を使っていると、
本人がどんなにしっかりしていても、
第一印象では「大丈夫だろうか?」と不安になってしまいます。

 

やはり、写真の基本はスーツ。
髪の毛は長ければ一つにまとめるなど、
清潔感のあるスタイルが望ましいです。

 

写真屋さんで撮影するまではしなくても良いですが、
一般常識、最低限のマナーとして、
スピード写真機でOKですから、きちんとした写真を撮り、
履歴書に貼るようにしましょう。

 

履歴書の空欄

 

採用担当者は、履歴書全体を見たときに、
空白が多い履歴書は、やはり気になるようです。

 

職歴や肺愚者の有無などの欄に何も書いていない人がいます。

 

ないのであれば「なし」と書くか、
写真を引くかなど、意思表示をすべきです。

 

資格の欄に関しても、看護師資格を所有していることが当然ですし、
看護師免許証の写しなどを同封しているとは言っても、
やはり、履歴書には記載すべきです。

ブランク

職歴部分で採用担当者が気になる点として、
「転職回数・頻度」、「未就職期間の長さ(ブランク)」が挙げられます。

 

看護師の場合、一つの病院に勤めた期間は短くても、
看護師として働いていた期間を合算した年数で基本給が決まります。

 

ですから、転職しているからと言って給与が下がることは殆どありません。

 

実際、一度転職をすると、「転職癖」がついてしまう人がいます。
夫の転勤だったり、結婚や出産で退職にという場合はともかく、
人間関係が原因で転職を繰り返しているというような場合は、
注意が必要です。

 

採用担当者は、どのような理由であったとしても、
一年未満で転職していたりすると、
「採用してもすぐにやめてしまうのでは?」と心配になります。

 

面接の場で、かならず転職の理由が問われます。
転職回数が多い人、短期間で転職を繰り返している人は、
面接で理由が聞かれますから、心の準備をしておきましょう。

 

また、採用担当者も、他の病院で採用担当をしている友人などがいるなどして、
病院間での情報交換がされているという事も多いようです。

 

ですから、やめる病院での働き方、退職の仕方はとても大切です。

 

職歴のブランクについては、一年以内であればあまり気にされません。
ですが、2.3年以上になると気になります。
医療の現場はどんどん変わります。
病院側だけでなく、本人も心配になりますよね。

 

ブランクが長い人は、新人と同様に手厚い研修が用意されていて、
採血や緊急時の対応など、一通り研修した上で現場に入れるような
システムの病院があります。
そのような、復帰しやすい環境があるところを選ぶようにすると良いですね。

面接でみたいのは対話力

面接では、コミュニケーション能力が問われます。

 

医療はサービス業ですから、患者さんとのコミュニケーション能力が必要です。
また、医療は一人ではなくチームで行いますから、
医師をはじめとした同僚とのコミュニケーションも必須です。

 

国家試験をクリアして、看護師免許を持っているという時点で、
多少のブランクが合ったとしてもスキルや知識のベースはあります。

 

しかし、採用担当者は、担当者が話す質問に対して、きちんと答えているか、
受け答えができているかということを最も重視しています。

 

面接の最後には、応募者からの質問の時間が設けられています。
その際、「以前の職場では、人間関係の問題でやめる人が多かったのですが、
こちらの病院の離職率は?」や、
「有給休暇は法律で決まっているとおりに取れますか?」などの質問はNGです。

 

看護師は真面目な人が多いのですし、正直な人も多いのですが、
そういった後ろ向きな質問は、今までの面接の会話がうまくいっていたとしても、
最後の最後で印象が悪くなってしまう事も考えられます。

 

質問の仕方や内容には、気をつけたほうが良いですね。

厳しい採用試験は看護師を守るため

看護師不足は深刻ですから、看護師は、転職や就職に困らない職業です。

 

ですが、優良な病院では、履歴書、小論文、筆記試験を行い、
一定の基準に達しない人は不採用としているところが多くあります。

 

このような履歴書、小論文、筆記試験をクリアした人のみが
面接に進み、自己紹介や転職の動機、志望動機などが問われます。

 

一見、ハードルが高いように思いますが、
採用者を守るという意味合いで、このような厳しい試験を行っています。

 

もし、医療事故やインシデントが起きたとき、
採用試験を行わず、適正検査も行っていない病院と、
しっかりした採用試験を行い、適性検査を行っている病院とでは
印象がかなり違います。

 

雇用側としては、社会的責任という意味から、
最低限やるべき事は行うべきとして、厳しい基準を設け、
看護師を採用しているのです。

 

また、現場の職員が、採用活動に参加する病院もあります。

 

理事長や院長の面接だけでなく、
現場の職員が採用活動に参加することによって、
現場の職員の新たに入ってくる職員を育て用という意識も高まります。

 

医療界も、紹介会社を活用した転職活動が一般的になっています。

 

紹介会社経由の看護師は、「転職を楽にしたい」、「自分で探すのが面倒」
という人も多く、あまり良い印象が持たれていないということもあります。
そして、基本的には、自分で応募してくる熱意のある看護師を採用したいというのは、
どの医療機関にもある本心のようです。