ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師の面接で聞かれること

大抵、面接で聞かれることは決まっています。

 

一般企業の場合では、ユニークな質問や企画力、
アイディア力が問われるような質問をあえてしてくる企業もありますが、
病院をはじめとした医療機関の場合は、
常識的な質問を押さえておけば大丈夫です。

 

定番の質問に対しての答を、事前に自分の中で整理しておきましょう。
そうすることで、落ち着いて面接に挑むことができるでしょう。

 

面接では、ウソは別ですが、必ずしも本当のことを全て言う必要はありません。
誤解を招くようなことには、あえて自分からは触れないという賢さも必要です。

なぜ当院で働きたいのですか?

この質問で問われているのは、「志望動機」ですから、
履歴書に書いた志望動機を説明すれば良いでしょう。

 

ただし、履歴書に書いた内容をそのまま読むのはダメです。

 

ただ読むだけでは、本音ではないのかも?と思われてしまうので、
少々アレンジをくわえましょう。

 

回答の仕方には、大きく二つ、
・今までの看護経験を活かせると考えたから。
・今後目指しているキャリアプランを考えた時に、
魅力的な職場だから。
というパターンがあります。

 

自分のキャリアを活かすことができる場だから、
或いは、自分の目標を達成できる場だから、
ということになりますが、
どちらの場合も、自分がどのようなスキルを活かすことができるのか、
どういう点に魅力を感じたのか、
具体的に説明をすることが必要です。

 

また、どちらかではなく、両方の内容を交えて回答できると
より印象が高くなります。

 

・回答例

 

「今まで急性期の病院で内科病棟を●年間担当し、
二年前からは新人の教育担当も行っております。
貴院は救急に非常に力を入れていらっしゃって、
県内でも有数の急性期病院であり、
今までの経験を活かしながらも、
看護師としてさらに高い技術を身につけることができるのではないかと考え、
志望いたしました。」

 

・回答例

 

「これまでは、療養型の病院で経験を積んできました。
ですが、祖母を在宅で看取った経験を機に、
訪問看護や在宅医療にも興味を持つようになりました。
貴院は、「地域医療を守る」という方針で、
急性期から慢性期、在宅まで一貫した医療を提供していらっしゃいます。
ですから、幅広い経験を積むことができるのではないかと考え、
志望しました。」

退職に至った理由

退職に至った理由は、必ずと言って良いほど聞かれます。

 

注意すべきは、病院が閉院したなど、よっぽど不可抗力のことで無い限り、
マイナスの理由を挙げるのはよくありません。
例えば、「院内でセクハラがあった。」、
「上司のパワハラがひどかった。」、
「どうしても我慢できない先輩がいた。」、
「師長の態度が気に入らなかった。」など、
人間関係の理由で退職を決めた人も多いと思います。

 

ですが、面接の場では伏せておきましょう。
そのような状況は、第三者には判断しがたいです。

 

前の職場がいかに環境が悪かったかを、説明すればするほど、
あなたの印象は悪くなってしまいます。

 

また、「給与が低い」などの理由も避けたいです。

 

前職の悪口になってしまうような理由は、口にしないようにしましょう。

 

面接では、今回の退職や転職がどうしても必要であることを
客観的に説明するようにします。
例えば、「今後のキャリアプランを考えた時に、
今の職場できないことが、この病院ではできる」など、
前向きな言葉で説明することが必要です。

 

また、転職回数が多い人は特に気をつけて回答するようにしましょう。

 

短期間で退職している人は、
「うちの病院に入っても、どうせまたすぐにやめてしまうのではないか。」
と、思われてしまいます。

 

今までの退職や転職など、相手を納得させることができるよう、
それぞれの説明を考えておくようにします。

 

・回答例

 

「現在働いている病院は、一般病床●●床の病院です。
急性期医療とはいえ、貴院のような超急性期の病院の後方病院のような役割です。
もともと、急性期の看護を行いたいと思っておりましたので、
急性期医療に必要な技術や知識を身につけてきましたが、
より第一線の急性期病院で経験を積みたいと思い、
転職を考えました。」

 

・回答例

 

「出産や夫の転勤で、今まで●回の転職を行いました。
しかし、娘も小学生になり、生活が落ち着いてきましたので、
育児と両立しながら長く働ける病院で仕事をしたいと思っています。
今の病院では夜勤もあり、自宅からも遠いため、両立が難しく、
自宅からより近い病院を探していましたところ、
貴院の看護師募集を拝見しましたので、応募しました。」

なぜ看護師を目指したのか?

看護師としての初心や原点は、面接の時に訪ねられることが多いです。
「この人はどんな人なのか?」ということを問われています。
人柄や性格が見られる質問だと心得、質問に答えるようにしましょう。

 

とはいっても、必要以上に背伸びをして、
よく見せようとする必要はありません。

 

例えば「●●という医療ドラマに憧れました。」、
「●●という漫画に出てくる主人公に憧れました。」
などでも良いでしょう。

 

ですが、それだけで終わらず、実際に看護師の勉強を始め、
或いは看護師として働き始めて感じたこと、考えたこと、
やりがいを感じている部分などについて加えましょう。

 

・回答例

 

「看護師になりたいと思ったのは、最初は中学生の頃に見た医療ドラマがきっかけです。
ドラマの中の女優さんの姿を見て、看護の仕事って素敵だなと単純に憧れたのですが、
実際に仕事を始めると、看護師には色々な使命があり、
その患者さんがきちんと治療に向き合うためにいかにサポートするか、
最期の時間をいかに過ごしていただくかなど、
毎回考えさせられ、学びがあります。
看護という仕事の深さを感じるたびに、看護師になってよかったと思います。」

看護師として大切にしていること

「看護師として大切にしていることは何ですか?」
というような質問も、看護師の面接では避けられない質問です。

 

あなたの看護観が問われています。

 

看護観には、正解はありません。
まさに十人十色で、十人いれば十人の答えがあります。

 

今までの経験で感じ、考えたことを言葉にできるよう、
整理しておいてください。

 

その際、具体的なエピソードや患者さんの話も交えて説明できると、
より伝わります。

 

 

「私は、どんなに忙しいときでも、常に患者さんに安心感を与えていられるように、
笑顔を絶やさないように心がけています。
あるとき、「看護師さんたち、みんな忙しそうだから。」と、
痛みを我慢していらっしゃる患者さんがいました。
そのとき依頼、忙しい中で、一人の患者さんに割ける時間はどうしても限られてしまいますが、
短い時間の中でも話しやすい雰囲気を作るように心がけています。」

今までにインシデントの経験はありますか?

インシデントを経験したか、していないかということではなく、
インシデントを予防するために、看護師として意識して仕事をしているか、
失敗を生かしているかということを聞いています。

 

ですから、「インシデントを経験したことはありますか?」という質問では、
「インシデントの経験はありません」という答えを期待しているわけではありません。

 

医療事故や、ヒヤリハットを防止するために、
どのような工夫をし、どのようなことを意識して仕事をしているのか、
具体的に説明できるように準備しておくことが必要です。

 

回答例

 

「病棟での配薬で、ある患者さの分だけ配薬車から取り忘れ、
後から別の看護師に指摘されて、気づいたということがありました。
薬を取り出すときに、確認を怠ったことがミスに繋がりました。
そのことは、原因も含め、インシデントレポートとして提出し、
共有しました。」

いつから働けますか?

いつから働けるか?という質問に対しては、
既に退職している場合は、入職希望日を伝えます。
まだ、在籍中で退職日が決まっていない場合、
すぐにやめることができない場合は、
正直に事情を伝えることが必要です。

 

まだ全く退職する旨を今の病院に伝えておらず、
「分らない」場合もあると思います。
ですが、「分らない」ではなく、
就業規則の内容や退職の手続き、引継ぎを考えた上で、
おおよそいつくらいになりそうか、目安を伝えるようにします。

 

中途採用の場合、働きながら転職活動を行っている人はたくさんいます。
ですから、引継ぎなどを考慮し、内定から一ヶ月ほどかかるのは一般的です。

 

それ以上先になる場合は、理由も合わせて伝えます。
「就業規則で3ヶ月前に・・・。」などです。

 

ただし、「旅行に行きたいから」、「遊びたいから」などと言った理由は微妙なところ。
「できれば、少し休暇を頂いてから」など、軟らかく伝えるようにしましょう。

 

また、自治体病院や大学病院、或いは新設の病院などは、
採用時期が決まっている場合、
そのタイミングで入職できなければ難しいといわれる事もあります。
事前に、入職日については、確認しておきましょう。