ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師のための面接の服装やメイク

服装

 

服装の基本はスーツです。

 

ですが、仕事の後で面接に行くような場合、
働いている病院にスーツで行くと目立ってしまいます。

 

女性の場合は、スーツ以外でも良いでしょう。

 

ただし、ジャケットを着て、フォーマルな雰囲気の洋服を選んでください。

 

具体的には、ダーク系のパンツやスカートに、落ち着いた色のジャケット、
ダーク系のシンプルなパンプスなどです。
鞄やアクセサリーなどの小物も、目立ちすぎず、
控えめなものを選びましょう。

 

メイク・髪型

 

メイクは、ナチュラルメイクにします。

 

ノーメイクよりも多少化粧をしたほうが良いですが、
派手なメイクは逆効果です。
普段、仕事で許されている程度の自然なメイクにしておきましょう。

 

髪型は、清潔感を与えるようなスタイルにします。

 

前髪が顔にかかる人はピンでとめたり、
しっかり分けるなどした方が印象が良いでしょう。

 

髪の毛が長い人は、
面接の時には一つにまとめましょう。

 

「この人と仕事がしたいな」、「しっかり仕事をしてくれそうだ。」
という印象を相手に与えることができるようなスタイルを
心がけることが大切です。

 

面接は、普通のことを普通にやれば大丈夫ですし、
緊張しますが、普通のことを普通に話ができれば大丈夫です。

 

ですが、常識はずれなことをしてしまったり、
常識から外れた服装や髪型では、
どんなに看護師としてスキルのある人でも第一印象でマイナスです。

 

面接を受ける前に、「普通の常識」を確認しておきましょう。