ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師のためのスタンダードな履歴書の書き方

一般企業の場合は、多くが応募書類の段階で一次選考が始まり、
かなりの数が落とされます。

 

ですが、医療機関の場合は、看護師が不足しているということもあり、
履歴書だけで落とされるようなことはあまりありません。

 

ですが、パッと見て、「あれ?」と思われてしまうような履歴書では
ちょっと恥ずかしいですね。

 

ごくごく基本的なことはきちんと押さえましょう。

 

写真

 

履歴書に貼る写真は、清潔感のある、看護師らしいもの、
明るい表情のものを選びましょう。

 

「貼ってあればいい」、「わかればいい」ではなく、
基本はスーツでジャケットの着用は必須です。

 

文字

 

履歴書は手書きをする人が多いと思います。

 

手書きの場合、問題となるのは、文字の読みやすさです。

 

どんなに良いことが書かれていても、
文字が汚ければ読む気になりません。

 

履歴書は落ち着いて、丁寧に書くことが必要です。

 

履歴書は、黒のボールペンや万年筆で書いてください。
黒がないからといって、青色などの色ボールペンで書くのは当然NGです。

 

空欄

 

空欄の多い履歴書は「やる気」が感じられません。

 

基本的なことをきちんとかけば、空白だらけにはならないはずです。

 

もし、空欄が多い場合は、履歴書のフォーマットを見直しましょう。

 

誤字脱字

 

書き終えたら、最後に必ず読み返しましょう。

 

誤字脱字がないかをチェックし、もし間違いに気づいたら、
残念ですが、新たに書き直しをします。

 

最後まで書き終えたのに・・・と思ってしまいますが、
修正跡が見られれば「ミスしやすい人かな?」
と思われてしまいます。

看護師のための人気病院で採用される履歴書の書き方

看護師不足が問題になっていることもあり、
どこの病院でも看護師の募集をしています。

 

実際、転職や就職活動をしていて、
働くところがない・・・なんていうことは、
看護師ではありえないことです。

 

このように、看護師はどこにいっても引く手あまたですが、
マグネットホスピタルのような就職を希望する看護師が
多数集まる病院を希望する場合は、
スタンダードな履歴書ではなく、もう少し上を狙った履歴書が必要です。

 

マイナスな印象を与えない履歴書ではなく、
人気病院で採用される履歴書は、
「この人をぜひ採用したい。」、「一緒に働きたい」、「ぜひ面接したい」、
と思われるように作成することが必要です。

 

そのためには、「ここで働きたい」という気持ちや、
「今まで培ってきたスキルや経験をいかに活かすことができるか」を、
最大限にアピールしていくことが必要です。

 

 

学歴・職歴

 

学歴は、高校以降の情報を書き、学校名は正式名称で書きます。

 

職歴は、入職施設の法人名も省略しないように記載し、
入職・退職の年次も書きます。

 

どのような診療科、病棟を担当しているのかも、括弧書きで加えます。

 

例) 平成●年●月 医療法人●●会 ●●病院(第二内科病棟)入職

 

 

免許・資格

 

免許・資格の欄も、自己アピールができるスペースです。

 

普通自動車免許、看護師国家資格のみを書いている人も多いですが、
それ以外にも仕事に繋がる資格、免許、認定など、
まだ取得をしていなくても、勉強しているものがあれば、
「●●資格の取得に向けて、現在勉強中です。」などと
アピールすることもできます。

看護師のための志望動機

巷にサンプルとなる文章がたくさん出ています。
ですから、採用担当者は「似たような文章をよく見かける」と思っている人が多いです。

 

他の応募者との差別化を図るために、
「なぜここで働きたいのか」という、自分の今までの経験や接点、
自分が描くキャリアとの接点を具体的に書き、
「その人ならでは」の文章にすることが必要です。

 

ただ、今までは内科病棟だったけれど、
救急部門で働きたいなど、今までの経験とは異なる分野を志望する場合は、
アピールが難しいかもしれません。

 

ですが、なぜ志望するのかということを、
「あのときの患者さんとの経験が・・・。」
というように、具体的なエピソードや経験を交えることで、
誠実さや意欲を伝えることができます。

 

特定の分野に興味があるのであれば、
その理由だけでなく、その分野の病院の中でも
なぜこの病院を選んだのかについても書きます。

 

ただし、「学びたい」という表現を使いすぎないことは大切です。

 

働きながら学ぶことはたくさんありますが、
採用する側は、戦力となる看護師がほしいのであって、
勉強したい人ではありません。

 

あまり使いすぎるとマイナスになる事も考えられます。

 

教育体制を志望動機に挙げるのであれば、
具体的にどのような教育体制に魅力を感じ、
自分はどうなりたいのかということまで書くようにしましょう。

看護師のための特記事項

特記事項欄は、通常は、入職のタイミングや勤務地、配属先、夜勤不可など、
働き方を書く欄ですが、
他の応募者との差別化を図るために、
「今までチームリーダーとしてチームをまとめてきたキャリアは、
貴院でも即戦力になると思います。
頑張りますので、よろしくお願いします。」など、
経験や意気込みを書き入れ、自らのアピール欄として活用する事もできます。

 

 

採用する側も、人を採用するということはとても難しいです。

 

面接をするまで、応募者について知っていることといえば、
履歴書に書かれている内容のみです。

 

面接をするときも、提出された履歴書に書かれている内容を基に
質問を考え、会話をするので、
自分のキャラクターや経験、アピールしたいスキルなど、
新たな職場で活かすことができるものがあれば、
履歴書にちりばめると良いでしょう。

 

せっかく持っているスキルや、意気込み、今、勉強していること、
興味のあること、どうしても身につけたいスキルなど、
書かれていなければ、聞かれないままに、
知られることなく面接が終わってしまいます。

 

また、「働く上で不利になるのでは?」と思うことを
どのように書くかということで、頭を悩ませます。

 

ハンディになることは一切書かないほうが良いのでは?
と思うかもしれません。

 

ですが、実際に働き始めた時に、確実に関係のあることであると
結局は自分が困ることになります。

 

育児や介護のこと、例えば「●歳の幼児がいますが、
近くに住む両親の協力も得られます」、「これまでどうしていたか。」
など、具体的に説明を交えて書くと良いでしょう。