ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師のための応募書類の書き方

病院や診療所、介護施設などの医療機関に応募する際には、
履歴書、看護師免許証の写し、
規模の大きな病院では成績証明書や職務経歴書、健康診断結果など、
様々な書類が必要です。

 

履歴書

 

履歴書は、病院によってはフォーマットが指定されています。

 

特に指定がない場合は、市販の履歴書を購入するか、
インターネットで標準的な履歴書をダウンロードし、
印刷して使うこともできます。

 

市販の履歴書の中には、一般企業の新卒者向けのものや、
少し用途が違うものもあります。
「得意な学科」など、必要がないものを書く欄は不要です。
書きやすく適切な履歴書を選びましょう。

 

例えば、紹介会社のサイトなどで探すと、
用途に合うものが見つかります。

 

看護師免許証の写し

 

「看護師であること」は、採用の大前提です。

 

ですから、看護師免許証のコピーは欠かすことができない提出書類です。
A4版に縮小して提出しましょう。

 

成績証明書

 

成績証明書は、大学病院や公的な病院、大手の病院グループなど、
規模の大きな病院で提出を求められることがあります。

 

卒業した看護学校、看護大学での成績証明書を用意します。
学校に問合せをして取り寄せ、提出しましょう。

 

もし、応募時に間に合わないという場合は、
担当者にその旨を伝え、面接の時に持参する、
或いは後で送付するという方法でも良いかどうか確認して下さい。

 

職務経歴書

 

職務経歴書は、一般企業への応募では必須の書類です。
ですが、医療機関の場合は、求められることはあまりありません。

 

ただ、企業立病院などでは、必要になることが多いです。

 

健康診断結果

 

過去一年以内に受けた健康診断の結果を提出します。

 

医療期間によっては、試験の一環として面接などの後に
健康診断を行う事があります。