ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護短期大学の特徴

看護短期大学では、看護専門学校と同じように3年制ですが、
看護の専門科目だけではなく、他の学部と共通の教養科目も学ぶことができるなど、
幅広く学ぶことができるという点で魅力があります。

 

看護大学のように、保健師や助産師の受験資格は得られませんが、
養護教諭の受験資格を得ることができる学校もあり、
看護専門学校と看護大学の中間的な存在感です。

 

看護短期大学では、初年度に私立の場合は130万円〜160万円ほどかかります。
そして、学費が高い割りに看護大学ほど深く看護学を学ぶことができるわけではないという
中途半端さを指摘される事もあることから、短大から4年制の大学に変わるなど、
看護短期大学の数そのものは減っています。

 

看護短期大学を卒業後、保健師や助産師の資格をとりたい、
もっと看護について勉強をしたいと言う時には
3年生として4年制の看護大学に編入することもできます。

 

看護短期大学の入試試験は、学科試験と面接、或いは学科試験と小論文と面接、
センター試験と面接というように、学校によって様々で、偏差値は50前後です。