ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師のための自分で転職先を探す方法

紹介会社を経由した転職活動では、どうしてもフィルターがかかってしまいます。
自分にとって納得できる職場を探すためには、
「自分自身で探す」という方法が一番良いのではないでしょうか。

 

もちろん、自分で転職先を探すのであれば、
紹介会社任せにするよりも少し労力が必要です。

 

ですが、転職後に「こんなはずではなかったな。」と思うことがないように、
自分の目でしっかり確かめながら転職活動したほうが安心です。

 

医療機関は、一般の企業とは異なり、外部から伺いやすいです。

 

病院などでは、外来診療フロアから見える情報だけでも、
かなりのことが分ります。

 

例えば、働いている人々の表情、同僚となるであろう看護師たちの年齢層、
患者さんへの接し方など、自分の目で確かめることができます。

 

また、実際に病院に行ってみることで、
家から職場までどのくらいの時間がかかり、
どのような道を通って通うことになるのかなども、あらかじめ分ります。

 

この駅で乗り換えるなら、仕事帰りに買い物ができそう、
遅番の日は、このカフェによってから仕事に行こうかな?など、
楽しみも見つけることができそうです。

 

一般企業への転職を希望している場合は、
企業の求人票を一つ一つチェックするのは大変です。
しかも、どのような企業があるのかを全部把握するのは難しいでしょう。
それに、あまり名前が知られていない企業の中にも、
おもしろそうなところ、興味のあることをやっているところなどがあるので、
紹介会社から「このような企業もありますよ。」と教えてもらうことができるのは、
大きなメリットになります。

 

ですが、病院などの医療機関は、存在を把握しやすいですし、
インターネットなどでも様々な情報が得られます。

 

さらに、どこの施設でも看護師は募集中の状態です。

 

大学病院を含め、どこの病院のホームページにも「看護師採用」のホームページがありますし、
たとえホームページ内に採用情報が掲載されていなくても、
問い合わせれば歓迎してくれるところが殆どだと思います。

 

このように、看護師は、自分で転職活動をしやすい職種です。

 

<自分で転職活動する場合のアプローチ法>

 

この医療機関で働きたいな!というところが見つかったとき、
どのようにアプローチすればいいのでしょうか。

 

まず、医療機関のホームページをチェックし、
「採用情報」や「求人案内」、「看護師募集」、「スタッフ募集」などのコーナーを探します。
そこに、応募方法がかかれています。

 

ただし、大学病院や自治体病院の場合は、
随時募集ではなく、4月のみ採用など、採用のタイミングが決まっている場合もあります。

 

規模の大きな病院であれば、就職説明会や見学会を随時開催していたりしますから、
いきなり応募をするよりも、そのようなイベントに参加をし、
さらに情報を収集してからのほうが安心かもしれません。
ただ、このようなイベントを開催する病院は、就職を希望する人が多く、
履歴書や面接対策も必要になってきます。