ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

紹介会社のビジネスの仕組み

看護師としての転職を考え、紹介会社に登録すると、
たくさんの情報の中から、求職者にとって最適な職場を、
医療業界に詳しいキャリアコンサルタントが紹介してくれます。

 

ですが、本当に自分にとって「最適」な職場なのかというと、
少し疑問があります。

 

人材紹介業ビジネスは、
求人側から支払われる紹介手数料で成り立っています。

 

看護師を採用したい医療機関は、
紹介会社に「看護師を紹介してください。」と依頼し、
紹介会社は、登録している看護師の中から、
その医療機関に合いそうな看護師を選んで、
その人に、「このような医療機関が看護師を募集していますよ!」
と紹介します。

 

求職側の看護師が、その病院で働きたいといえば、
「では応募の手続きは任せてください。」と面接をセッティングします。

 

そして、医療機関と看護師を引きあわせ、内定へと運びます。

 

採用が決まると、医療機関は紹介料として、
紹介会社にその看護師の年間給与の3割前後を支払います。

 

求人情報を紹介してもらう側としては、
無料でサービスを受けることができるだけでなく、
会社によっては「就職祝い金」や「キャリアアップ支援」として、
何十万円もプレゼントされるところもあります。

 

ですが、このようなお金は、全て医療機関が支払う紹介料からでています。

 

また、紹介会社にとっては、求人側の医療機関と、
求職側の看護師という2つの種類のお客様がいます。

 

ですが、お金を払ってくれるのは医療機関です。

 

しかも、採用が決まった時点で紹介料は発生します。

 

つまり、紹介会社としては、件数を稼ぎたくなるのは当然で、
看護師一人ひとりに本当に最適な職場を紹介しているか?というと、
そうではなく、
満遍なく就職が決まるように振り分けているという事もあるでしょう。

 

このようなことから、本当に最適な職場を紹介されているか・・・?
と考えると、少し疑問がわいてきますね。