ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師の転職は紹介会社で探すか、自分で探すか

看護師の転職は、知人の紹介やハローワーク、
看護協会のナースセンターなどで探すことができます。

 

また、紹介会社を利用したり、自分で探し、自らアプローチするという方法もあります。

 

紹介会社は、「とりあえず、登録だけしてみよう。」という形で、
転職活動の第一歩としている人も多いと思います。

 

ですが、紹介会社に頼らなくても転職活動は可能ですし、
自分で探し、自分でアプローチするからこそ、分る事も多いです。

 

インターネットで、転職情報を収集していると、
転職活動の方法が紹介されていたり、
色々な転職活動の善し悪しを説明しているサイトがたくさんあり、
「やはり、紹介会社に頼るのが一番良いのかな?」と思ってしまいます。

 

確かに、紹介会社を利用することに多くのメリットはありますが、
転職情報サイトを運営しているサイトも、紹介会社であることが多いため、
情報に躍らされてしまいがちです。

 

最も信頼できる情報は、自分の足を使って、
自分の目や耳で、見聞きした情報のはずです。

紹介会社経由で転職活動をする場合

仕事を探している人と、働く人を探している企業、
つまり看護師の場合は、看護師の仕事を探している人と医療機関を
マッチングするサービスを提供している民間企業のことを「紹介会社」といいます。

 

紹介会社は、個人に金銭的な負担を求めることを法律で禁止されているので、
求職する人は、求人情報の紹介も、キャリア相談も、
全てのサービスを無料で受けることができます。

 

紹介会社の利用の仕方は、
ホームページの登録フォームから、自分の個人情報を入力し、
後日、オフィスに赴いて、希望条件を伝えるなどします。
そして、マッチングする情報がそろうのを待ちます。

 

医療機関の担当者との面接にも同席してくれて、
給与や休日のことなど、自分では聞きにくいことを聞き出してくれたり、
交渉してくれるなどします。

 

このように、紹介会社経由の転職は、とにかくラクです。

 

仕事を続けながら転職活動をはじめたいという人も、
お金をかけることなく、情報収集も、応募の手続きも、
待遇の交渉も任せていれば大丈夫です。

 

紹介会社のキャリアコンサルタントは、
日頃からたくさんの求職者と会って話をしています。
そのキャリアコンサルタントに、客観的に話を聞いてもらい、
その地域の病院のことを教えてもらったり、
自分のスキルがどのように評価されるかなど、
アドバイスをもらうこともできるでしょう。

 

また、紹介会社のホームページでは、
インターネット上からも求人情報が検索できるようになっています。
ですが、ネット上に公開されている情報は一部に過ぎません。

 

どこの紹介会社でも、非公開の求人情報をたくさん持っています。
なぜなら、条件が良い医療機関や企業は、
応募が殺到しそうです。

 

このような応募が殺到しそうな求人情報は、
あえて公開しません。
登録した人に、紹介してくれるシステムになっているのです。

 

実際、各紹介会社が保有している求人情報の数は、
ナースセンターやハローワークに比べると、
かなりたくさんで、選択肢も多いです。

紹介会社経由で転職活動をする場合の転職までの流れ

(1) 登録

 

インターネットから、名前、生年月日、住所、連絡先、
保有している資格、希望条件などを登録します。
電話でも登録ができます。

 

(2) コンサルタントと面談

 

電話で話ができるところもありますが、
多くは紹介会社のおフィスに赴き、
今の仕事状況や今までの経歴、スキル、
希望する条件などについて面談をし、伝えます。

 

人事紹介システムの説明などもされ、
すぐにマッチングする情報があればその場で求人情報の提供がされます。

 

(3) 仕事情報の紹介・応募

 

面接の時にヒアリングした内容を元に、
求人情報が電話やメールで案内されます。

 

ネットに掲載されている情報の中に、
気になるものがあれば、問合せをする事もできます。

 

(4) 応募・面接

 

紹介された情報が気に入れば、紹介会社が面接や見学の日程を調整し、
設定してくれます。

 

面会時に、コンサルタントが同席してくれることが多く、
給料や残業などの聞きにくい部分を聞き出してくれるなどします。

 

(5) 内定

 

面接終了後、お互いに条件が合えば内定になります。