ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

看護師のための転職情報の集め方

転職の方向性が見えてきたら、具体的な求人情報を集め、
転職活動をスタートさせましょう。

 

転職のための情報収集はいろいろあります!
最近は、インターネットが普及し、
いつでもネットで転職に関する情報を集めることができますが、
転職のための情報収集は、人材紹介会社のサイトに限らず、
例えば知人の紹介やハローワーク、看護協会のナースセンターなど色々あります。

 

インターネットでは、
「看護師 転職」、「病院 求人」、「看護師 求人」などと検索すると、
人材紹介会社の情報がたくさん引っかかります。

 

そして、人材紹介会社のサイトからは、エリアや業種、
希望条件を設定して検索することが可能なため、
自分が希望する条件に合っていそうな情報を見つけることができます。

 

ですが、施設名が伏せてあったり、
詳細を知るためには、個人情報を登録し、
紹介会社のオフィスに足を運ばなければならないなど、
ちょっと面倒なことが多いです。

 

求人情報は、インターネットの情報サイトだけではありませんから、
ほかの、知人の紹介やハローワーク、看護協会のナースセンターなどでも
情報収集してみてください。

知人の紹介

転職先を知人の紹介で探すこともできます。

 

看護学校時代の先生や同級生、辞めてしまった先輩や同僚など、
看護職業界は横のつながりも多いですね。

 

しかも、どこの病院でも看護不足で困っている状況がありますから、
このような横のつながりを活用して、
転職先を探す事もできるはずです。

 

また、最近は、職員に、
「看護師を紹介してくれたら〇〇円!」
というように、謝礼金をわたしている病院もあります。
それほど、看護師は、引く手あまたの職業です。

 

ただ、知人の紹介で入職すると、
良い点もありますが、知人の紹介なので断りにくい、
辞めにくくなるなどがあります。

 

知人の紹介では、「どのような病院か」を、
詳しく教えてもらうことができますし、
その情報も確かなもので安心感があります。

 

ですが、「とりあえず話だけでも聞きに行こう」と、
看護部長に会い、話を聞いてみたら「ちょっと違う」と思うこともあります。

 

そのような時に、紹介してくれた知人に悪いと思って無理をしてしまったり、
お互いが気まずい思いをしないように、しなければなりません。

 

「話だけでも聞いてみたら?」と気軽に言われてしまっても、
まずは自分で、事前に充分な情報を集め、
話を聞きにいくべきかを決めるべきです。

 

ただ話を聞きに行っただけなのに、
来月から入職するという前提で話が進んでしまっていて、
引っ込みがつかなくなってしまったという事も少なくありません。

 

転職に失敗しないようにするためにも、
慎重に考えて行動しましょう。

ハローワーク

インターネットが普及して、就職紹介サイトなどが増えている昨今ですが、
以前は、求人情報を探す場といえば「ハローワーク」でした。

 

ハローワークは、失業状態になってから頼るものというイメージで
訪れる人も多いと思うのですが、
在職中でも登録し、求人情報を紹介してもらうことは可能ですから、
転職活動にも、どんどん利用し、活用したいものです。

 

ハローワークは、自宅のパソコンからでも、
「ハローワークインターネットサービス」にアクセスし、
求人情報を探す事もできます。

 

ただ、ハローワークの求人は、様々な業界の雑多な情報が集まっていて、
医療分野に特化しているわけではなく、
「看護師」や「病棟」、「二交代制」、「夜勤なし」、「訪問看護」など、
看護師ならではの希望で検索をかけることができません。

 

また、紹介サイトでも同じですが、
インターネット上では、病院名や住所などをオープンにしていない求人情報が多い事もあり、
詳しい情報を知るためには、一度はハローワークに足を運ぶことが必要です。

 

さらに、ハローワークには、古い情報が混ざっていたり、
医療に特化している求人ばかりではないので、
ピンと来る情報が少なかったりします。

 

ハローワークは、民間の人材紹介会社とは異なり、
求人募集をする病院側にかかるコストも無料というように、
公的なサービスであることもあり、
業種的な情報の特徴を出すのは苦手のようです。

 

ハローワークは、看護師という職業にこだわらず、
色々な情報を見てみたい、失業給付の手続きもしたい、
という人であれば、ハローワークでの転職先探しは有効かもしれません。

 

ですが、早く、看護師という職業に絞って転職先を見つけたい!
という人にとっては、
ハローワークは、量も質も、物足りないと感じてしまう情報源かもしれません。

 

上手に活用していくと良いでしょう。

看護協会のナースセンター

「ナースセンター」は、各都道府県にある、
都道府県の看護協会が運営しています。

 

このナースセンターでは、
看護師のために、無料で職業紹介を行っていたり、
最新の知識や技術を学ぶ研修会や、就職相談、個別の相談などに応じています。

 

さらに「eナースセンター」も運営していて、
インターネット上で登録すれば、仕事を探すことができます。

 

ただ、同じ名前に擬態した紹介会社があるので、
そういったサイトには注意してください。
求人サイトなど、転職関連のサイトを見るときには、
必ず、「運営主体」を確認するようにしましょう。

 

eナースセンターは、登録件数が思ったよりも貧弱です。
公的機関が運営しているサイトであるにもかかわらず、
地方の市民病院などの情報が少ないので、
掲載条件に制限があるのかと思ってしまうほどです。

 

せっかくのサイトなので、もう少し情報がしっかりあると嬉しいですね。

 

しかし、求人情報だけでなく、研修やイベントの情報も収集することができます。

 

時々検索して情報収集をしてみると、
自分にとってメリットの高い情報に出会うことができるかもしれません。

ハローワークのオープン時間帯

ハローワークの通常の窓口

 

平日の8:30〜17:15

 

人口20万人以上の都市にあるハローワークの窓口

 

平日の8:30〜19:00

 

土曜日の10:00〜17:00

 

このように、各事務所によって、オープンしている日、時間が異なるので、
訪問前には確認してください。

 

ハローワークのインターネットサービス

 

https://www.hellowork.go.jp/

ナースセンターのオープン時間

都道府県のナースセンター

 

平日の9:00〜16:00

 

ただし、一部のナースセンターは土曜日にもオープンしていたり、
時間帯が異なるので、訪問前に確認してください。

 

e-ナースセンター

 

https://www.nurse-center.net/nccs/top/