ナースバンク・ナースセンターで就職先を探そう

ナースのさまざまな就職先

大学病院、地域の基幹病院

 

大学病院や地域の基幹病院は、多数の診療科があり、規模も大きく、
重症の患者さんや救急の患者さんなど、幅広い病気の患者さんの診療を行っています。
忙しく、夜勤もありますが、教育制度や社宅・寮、住宅補助などが充実しており、給与待遇も良いです。

 

キャリアアップしたい人やスキルを身につけたい人、
とにかく「経験を積みたい」という成長志向の人に最適な職場であるといえるでしょう。

 

中小病院

 

入院医療から検診、人間ドックなど地域に密着した看護を行う病院です。

 

中小病院では、大学病院や地域の基幹病院に比べると、
比較的安定した慢性期の患者さんの治療を中心としています。
病棟の入院患者さんの看護に限らず、外来や健康診断、人間ドックなど幅広いないようで、
より地域に密着した仕事をすることができるでしょう。

 

忙しく、夜勤もあり、希望通りに休みが取れないなど、
一人ひとりにかかってくる負担が大きいという特徴もあります。

 

療養型の病院

 

療養型の病院は、患者さんが次々と入れ替わり業務も慌しい急性期の医療現場とは異なり、
比較的落ち着いた環境で働くことができる職場です。
一人ひとりの患者さんと深く関わり、患者さんの生活面の世話も含めてケアを行います。

 

夜勤や忙しさ、休みの取りやすさ、教育制度、給与待遇、住宅補助など、
病院によって様々な特徴がありますが、
結婚・出産を経て転職した人など、長くナースとして働いている人が多い職場です。

 

精神病院

 

精神病院は、男性看護師が多い職場です。
統合失調症やうつ病、依存症など、精神疾患の患者さんの治療を行う精神病院では、
急性期の患者さんをケアするのか、慢性期の患者さんをケアするのか、
病院の規模は大きいのか小さいのかなどによって、忙しさや待遇は変わってきます。
夜勤もあります。

 

クリニック

 

クリニックは、病院とは異なり、夜勤がないという特徴があります。
基本的に外来診療のみなので、夜勤もなく、時間外勤務も余りありません。
さらに、週末は休みのクリニックが多いので、
プライベートな時間を大切にしたい人におススメな職場であるといえます。
休みが取りやすい、子育て中でも比較的勤務がしやすいというメリットがありますが、
教育制度や給与面の待遇、住宅補助などは、他の職場に比べると充実していません。

 

介護施設

 

介護施設で働くナースが、高齢化に伴い増えています。
介護施設では、医療というよりも、日常生活のサポートや健康管理が中心になりますが、
時には介護施設に入居している高齢者の病態が急変する事もあるので、
医療的な知識を持っているナースの役割は重要です。
夜勤もあります。

 

訪問看護ステーション

 

看護師が、在宅で医療を続けている患者さんの自宅へ赴き、看護を行います。
医師や介護スタッフと連携を取りながら活動をしますが、
一人で訪問する事も多いので責任重大です。
土日休みで、夜勤はなく、平日の日勤のみというところがほとんどです。

 

保健所

 

保健所で地域住民の健康相談にのるナースもいます。
地域の集団検診や予防接種、健康相談などが主な仕事になります。
個別に家庭訪問をし、妊婦さんや高齢者の相談に応じるなどの仕事もあります。
公務員として保健所に就職している人が多く、
日勤のみで夜勤もなく、残業もありませんが、給与水準は一般の公務員よりも高めです。

 

企業

 

看護師の資格を活かして、治験コーディネーターや医療機器のトレーナー、
企業内の保健室での健康指導など、一般企業で活躍するナースもいます。
患者さんとの関わりがすきという人には物足りないかもしれませんが、
日勤のみで冶夜勤はなく、休みも取りやすく給与も多いというメリットがあります。

「急性期」と「慢性期」

病院の特徴を述べる時に、「急性期の患者さんが多い病院」とか
「慢性期の患者さんが多い病院」という言い方をしたりします。
このときの急性期・慢性期とは、以下のような意味です。

 

急性期 

主に病気のかかりはじめの状態です。 
重症で、手厚いケアが必要です。

 

慢性期

症状が比較的安定している状態です。
治癒が難しく、長期間のケアが必要です。